• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 子ども・家庭 > 妊娠中・育児中の方への支援 > ひとり親家庭支援 > 親子ふれあい助成事業【新型コロナウイルス感染症に伴う新規利用券の発券の停止について】

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

親子ふれあい助成事業【新型コロナウイルス感染症に伴う新規利用券の発券の停止について】

親子ふれあい助成事業については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努める必要があることから、新規の利用券交付を一時停止します。再開については当ページでお知らせします。

利用を楽しみにしている区民の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

事業の目的

ひとり親家庭等の休養及びレクリエーションにふさわしい施設を指定し、低額な料金で利用できるようにすることにより、子どもの心の成長を促し、健全育成を目的とします。

対象

次のすべてにあてはまる世帯の保護者と子どもが対象です。

(1)保護者と子どもの住所が区内にあり、子どもが中学生以下である。

(2)ひとり親家庭または世帯の主たる生計者(所得の高い人)が所得限度額内である。

※所得限度額は、児童扶養手当基準額と同様

※児童手当のデータをもとに対象者を抽出します。

利用券の発行

・利用申請書(※1)と引き換えに、ひと家庭あたり年度内2回分の利用券を発行します(※2)。

・施設の選択は、1回ずつ別の施設を利用することも、2回同じ施設を利用することもできます。ただし、1回分について家族が別々の施設を選択することはできません。
※1_ひとり親家庭においては、利用申請書が発送されない場合もありますが、窓口にひとり親であることを証明できる書類を持参し、申請することで、利用券の発行ができます。

※2_利用料金が発生しない子どもの場合、利用券は発行しません。

利用方法

  1. 対象者へ送付された利用申請書の太枠内、電話番号・年齢・学年をご記入ください。
  2. 記入した利用申請書と住所・氏名が確認できる身分証明書(※1)を持参し、各地区総合支所区民課保健福祉係または港区役所7階子ども家庭課家庭相談センターの窓口で利用券と引き換えてください。(※2)
  3. 指定施設のチケット販売窓口に利用券を出し、希望するチケットと引き換えます。チケットの料金と利用券の差額がある場合は、差額の金額をお支払ください。

※1_身分証明書は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証、子ども医療証、ひとり親医療証、児童扶養手当証書、児童育成手当認定通知などです。

※2_発行した利用券は、紛失等いかなる理由があっても再発行や交換はできません。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭課家庭相談担当

電話番号:03-3578-2436