現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 税金 > 税制改正 > 医療費控除・セルフメディケーション税制(医療費の特例)の申告時における「明細書」の義務化(平成30年度改正)

ここから本文です。

更新日:2020年2月14日

医療費控除・セルフメディケーション税制(医療費の特例)の申告時における「明細書」の義務化(平成30年度改正)

医療費控除またはセルフメディケーション税制による医療費控除の特例の適用を受ける場合は、現行の医療費または医薬品購入費の領収書の提出に代えて、医療費または医薬品購入の明細書が必要となります。

平成32年度まではこれまでどおりの医療費または医薬品購入費の領収書の添付でも控除の適用を受けることができます。

なお、領収書は、明細書の記載内容の確認のため、申告期限から5年間、区から領収書の提示または提出を求める場合がありますので、領収書は保存する必要があります。


「医療費控除の明細書」「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の明細書」は、以下のページから書類をダウンロードしてご利用ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部税務課課税係

電話番号:03-3578-2593~8、2600~8

ファックス番号:03-3578-2634