現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 港区のがん対策

ここから本文です。

更新日:2022年1月15日

港区のがん対策

 港区では、がんの早期発見の推進に向けて、受診率向上のための普及・啓発や受診しやすい環境づくりに取り組んでいます。また、区立がん在宅緩和ケア支援センター(ういケアみなと)における、相談や普及・啓発等を強化しています。

 

 港区がんに関する区民意識調査報告書

 港区が実施するがん対策事業の検討に資することを目的に、令和元年10月から11月に調査を実施しました。

 調査のご協力ありがとうございました。

「がん対策みなと2021」を開催しました。

 「がん対策みなと2021~コロナ禍のいま、がんと向き合い考える~」を区立がん在宅緩和ケア支援センター(ういケアみなと)で令和3年11月3日(文化の日)に開催しました。

「がん対策みなと2020」を開催しました。

  令和2年10月31日(土曜)、赤坂区民ホールにて、港区普及啓発イベント「がん対策みなと2020」を開催しました。今回は、新型コロナウイルス感染症対策のため、人数制限を設け万全の対策のもと実施しました。
 港区初の試みとして、会場とYouTubeでの同時ライブ配信を行いました。
 参加者からは「大変勉強になった」「良いイベントだった」など、好評の声をいただくことができました。

【基調講演】 新型コロナウイルス感染症と共生するために必要なこと

 講師:勝俣 範之 氏(医師・がん薬物療法専門医、日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授)

【パネルディスカッション】新型コロナウイルス感染症とがんについて

 コーディネーター:高橋 都 氏(港区立がん在宅緩和ケア支援センター)

    パネラー:南塚 恵 氏(港区立がん在宅緩和ケア支援センター)

         広瀬 真奈美 氏(一般社団法人キャンサーフィットネス)

         藤田 耕一郎 氏(一般社団法人東京都港区医師会)

         鈴木 亜優 氏(虎の門病院)

 

公益財団法人日本対がん協会 垣添 忠生会長からのビデオメッセージ

 「がん対策みなと2020」の開催にあたり、がん予防・検診の推進や患者・家族の支援等に取り組む
公益財団法人日本対がん協会の垣添 忠生会長より、港区がん検診に向けたメッセージを頂戴しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課健康づくり係

電話番号:03-6400-0083

ファックス番号:03-3455-4460