現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康診査・がん検診 > 乳がん検診(視触診)

ここから本文です。

更新日:2022年6月21日

乳がん検診(視触診)

とき

7月1日(金)~令和5年1月31日(火)

ところ

区内指定医療機関(医療機関名簿をご覧ください)

対象

30~39歳の女性区民

申込み

医療機関名簿をご覧のうえ、直接医療機関にご予約ください。

検査項目

問診、視触診

ブレスト・アウェアネスについて

ブレスト・アウェアネスとは、乳房の意識する生活習慣のことです。乳がんは、日常の健康管理としてのブレスト・アウェアネスを通じて、しこり(腫瘤)に触れるなどの自覚症状を認めることにより発見される場合があります。ブレスト・アウェアネスの詳細については、こちらのホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

結果説明

結果説明については、受診医療機関にて医師から直接説明を受けます。

受診券等の発送について

過去3年以内に受診歴のある人、30・35歳の人には6月20日に受診券を発送しました。対象であるにもかかわらず受診券がお手元にない人は問合せください。

乳がん検診(視触診)の終了について

令和4年度をもって乳がん検診(視触診)は終了となります。

主な理由は以下のとおりです。

  • 乳がん検診(視触診)は、国のがん検診の指針(※1)に位置付けられていないため。
  • 令和3年度に設置した、有識者・保健医療関係者・当事者団体等により構成される「港区が実施するがん検診のあり方検討会」において、標準化されていない乳がん検診(視触診)は偽陽性(※2)を増やすとの意見を受けたため。

(※1)「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」におけるがん検診の種類は、胃がん検診、子宮頸がん検診、肺がん検診、乳がん検診(マンモグラフィ)、大腸がん検診とされています。

(※2)偽陽性とは、がん検診の結果、がんなどの疑いを含め、異常(病気)がありそうと判断されたものの、精密検査を受けた結果、がんでなかった場合のことです。この偽陽性は、ある程度までは避けようがありません。

英語版乳がん検診(視触診)受診票兼結果報告書

関連情報

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課健康づくり係

電話番号:03-6400-0083

ファックス番号:03-3455-4460