現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 税金 > 港区への寄付(港区版ふるさと納税制度) > 使わなくなった洋服やかばん等の物品での寄付について

ここから本文です。

更新日:2020年10月15日

使わなくなった洋服やかばん等の物品での寄付について

不用な物品(買取りが可能なファッションアイテム)の寄付で
「新型コロナウイルス感染症への取組」を支援できます

趣旨

港区版ふるさと納税制度は、寄付を通じて活力あふれる地域共生社会の基盤づくりを推進するため、返礼品によらず、区の取組を応援していただく制度です。
これまでのお金による寄付に加えて、ふるさとチョイスを通じ「物品で寄付」を追加し、寄付の手段を広げました。
たくさんの方の思いを活かし、「新型コロナウイルス感染症への取組」を一層推進します。

寄付の流れ

ふるさとチョイス(インターネットサイト)の特集ページ「ファッションアイテムを寄付して自治体を応援できる」から、港区を選択し、申し込みます。
あとはサイトに従ってお手続きください。

不用となった洋服等を買取事業者が買い取り、その売却代金を寄付できます。
寄付された売却金額は、ふるさと納税として税額控除の対象となります。なお、売却代金が2,000円未満の場合は、ふるさと納税(税額控除の対象)となりません。
ふるさと納税は個人の方が対象です。法人の方は対象ではありません。

使わなくなった洋服やかばん等の物品での寄付はふるさとチョイス(インターネット)による申込でのみできます。

募集する物品

新型コロナウイルス感染症の影響によりステイホームが続き、家を片付ける時間が生まれ、不用な物品が多く発生している状況があります。こうした不用となった物品や寄付者が自治体の支援につなげたいとする愛用の物品などのうち、買取が可能な服やバックなどのファッションアイテム(ブランド品)が対象です。

「断チャリプロジェクト」(断捨離+チャリティー)という新たな取組です。

詳細は、ふるさとチョイスのホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

  下記↓をクリックで、ちらしをご覧いただけます。

断チャリプロジェクト(PDF:552KB)

 

また、みなとリサイクル清掃事務所では、再使用(リユース)可能な古着を拠点回収しています。
詳しくは、こちらの→「古着・使用済み蛍光灯を回収しています」をご覧ください。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画経営部企画課企画担当

電話番号:03-3578-2622

ファックス番号:03-3578-2034