現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 学校・幼稚園・教育 > 区立小・中学校 > イングリッシュサポートコース(ESC)について

ここから本文です。

更新日:2020年4月17日

イングリッシュサポートコース(ESC)について

外国人児童に多様な教育の機会を提供するため、平成24年度から東町小学校・平成29年度から南山小学校にイングリッシュサポートコース(ESC)を開設しています。

令和2年度は東町小学校(全学年)・南山小学校(1~4学年)において開設します。

1.イングリッシュサポートコース(ESC)とは

外国人児童に多様な教育の機会を提供するため、通常の学級に外国人児童を受け入れるESC(English Support Course)を設置し、ESC児童に対して英語で授業等を行う学級のことです。

  • ESCを設置した学級には、日本人児童と外国人児童がともに在籍します。
  • ESCには、国際学級講師(EST=English Support Teacher)を配置します。ESTは、ESC児童に対して英語で授業等を行います。ESC児童は英語によるサポートを受け、英語力の保持が期待出来るとともに安心して学校生活を送ることができます。
  • 日本人児童・外国人児童の双方が、多様な文化や価値観に触れることができます。

※日本人児童が英語を話せるようになることを目的とするものではありません。

2.入級等について

(1)対象

港区在住の外国人児童(外国籍のみ)で、英語能力を有する児童

※日本国籍を有する帰国児童や二重国籍児童は、入級できません。

※入級にあたり、英語能力(読む・書く・聞く・話す)を判定します。英語能力が十分でない場合、入級できないことがあります。

(2)受入児童数

東町小学校・南山小学校ともに、1学年に10人程度

※東町小学校・南山小学校の通学区域以外の児童は、各校の定員を超えての受け入れはできません。

3.授業の実施方法など

  • 基本的な学校生活(朝の会や帰りの会、給食など)、社会・理科・生活科・音楽・図工・体育・家庭科・総合的な学習の時間の授業
    ⇒学級担任とESTの指導で、ESC児童と日本人児童が同じ教室で学びます。
  • 国語・算数
    ⇒ESC児童は、日本人児童とは別室で、ESTにより英語で日本語、英語、算数の授業を受けます。

※学習内容は、日本の学習指導要領に準拠したものです。

4.適正な就学の確保について

教育委員会では、東町小学校・南山小学校に入学することを目的に、実際の生活の本拠地とは異なる住所に住民票を異動するケース等については、職員が児童の住民登録地へ訪問し、居住実態の確認を行っています。

【問合せ先】

  • 入級に関して        教育委員会事務局学校教育部学務課                            電話:3578-2739
  • 指導内容について 教育委員会事務局学校教育部教育人事企画課指導主事        電話:5422-1541

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部教育人事企画課指導主事

電話番号:5422-1541

ファックス番号:5422-1547