現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 子ども・家庭 > 手当て・助成 > 令和5年から、子ども医療費助成の対象が高校生等まで拡大されます

ここから本文です。

更新日:2022年12月7日

令和5年4月から、子ども医療費助成の対象を高校生等まで拡大します

高校生等医療費助成事業(マル青)の開始について

港区では令和5年4月1日より現行の中学校3年生までの自己負担、所得上限のない医療費助成制度を、高校生等まで拡大します。

対象になる方

令和5年度の対象者

下記の要件をすべて満たしている方

  1. 平成17年(2005年)4月2日~平成20年(2008年)4月1日生まれ(高校に就学していない人を含みます)
  2. 国民健康保険または社会保険(社会保険各法によるもの)に加入していること

※医療証の保護者と児童が別居している場合、別途「監護事実の同意書」などの提出が必要となります。

(例:保護者が港区外に住民登録をしている場合)

当制度では、高校生相当世代の児童が父母の監護(児童の生活についての通常必要とされる監督・保護を指します)を離れている場合には、児童自身が保護者となり助成を受けることができます。

高校生相当世代の児童を保護者とできる例

  • 就労しており、父または母の扶養から外れ、父母と別居し監護下にない場合
  • 婚姻により、父または母の扶養から外れ、父母と別居し監護下にない場合

対象外となる方

  1. 生活保護を受けている方
  2. 児童福祉法に定める施設に「措置」により入所している方
  3. 里親に委託されている方

助成の内容

  1. 健康保険診療の自己負担分
  2. 入院時の食事の自己負担分

    現行の子ども医療費助成制度と同内容です。
    (補足)他の医療助成制度の対象となる疾病は、その制度が優先されます。

受給資格申請について

港区に住民登録のある対象者に「高校生等医療証交付申請書」を令和5年1月中にお手元に届くように発送いたしますので、ご記入の上返送ください。11月17日以降転入等で新たに港区に住民登録をして対象になる方は順次申請書を送付します。

医療費助成の開始時期

令和5年4月1日の受診から適用

医療証、受給資格認定通知書の発送

令和5年2月10日までに申請書を提出された方へ令和5年3月中に高校生等医療証(マル青医療証)の発送を予定しております。

令和5年2月13日より後の申請書の到着分は医療証の送付が4月以降となりますので、お早目の提出をお願いします。なお、加入している健康保険の種類によっては医療証ではなく「受給資格認定通知書」を発送します。

その他、届出が必要な場合

高校生等医療費助成対象者で下記の事由が発生した場合は、届出が必要となります。 詳しくは下記担当までお問い合わせください。

  • 加入している健康保険が変更になったとき
  • 児童福祉施設に入所したときなど、受給者の資格がなくなったとき
  • 保護者氏名、住所が変更になったとき

 

 
 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭課子ども給付係

電話番号:03-3578-2430

ファックス番号:03-3578-2384