現在のページ:トップページ > 産業・文化・観光 > 国際化推進・国際交流 > 国際化推進施策の取組み紹介 > 外国人への情報提供事業 > ミナトインフォメーションメール > ミナトインフォメーションメール 2018年7月25日配信分 やさしい日本語版

ここから本文です。

更新日:2018年7月25日

MIM-2018年7月25日号

 1. 商店街等多言語対応力向上支援事業で 協力いただいた 店舗を 紹介します。【乃木坂(のぎざか)長寿庵(ちょうじゅあん)】

商店街店舗 長寿庵1 商店街店舗 長寿庵2

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

港区(みなとく)は 港区内(みなとくない)の 店舗(てんぽ)が 外国語(がいこくご)で お客様(きゃくさま)に 対応(たいおう)できるよう 支援(しえん)しています。
支援(しえん)をした 店舗(てんぽ)を 紹介(しょうかい)します。 

【乃木坂長寿庵】
乃木坂長寿庵では、こだわりの そばを 食べることが できます。そばや うどんは もちろん、ランチに 嬉しい 定食も 充実(じゅうじつ)しています。また、夜は 料理人(りょうりにん)が 力を 入れている 一品(いっぴん)料理と共に、日本酒(にほんしゅ)・焼酎(しゅうちゅう)を 楽しむことが できます。

店から 近い 乃木坂駅、青山一丁目駅の まわりには、東京ミッドタウンや 国立新美術館(こくりつしんびじゅつかん)など 魅力的(みりょくてき)な スポットが 多く あります。近くの 明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)を 通る 食後の 散歩も 楽しいと 思います。


詳(くわ)しくは URLを 見(み)てください。
http://www.nogizaka-chohjuan.com/(外部サイトへリンク) (日本語)

住所(じゅうしょ):港区南青山1-15-18 
TEL:03-3402-2358 

 2.☆日本語で おしゃべり(話を すること)を しませんか?☆

国際交流センター

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

 

 

国際医療福祉大学(こくさいいりょうふくしだいがく) 東京赤坂キャンパスの 国際交流(こくさいこうりゅう)センター(IEC)は、地域に 住んでいる 外国人、海外(かいがい)からの 旅行者(りょこうしゃ)に、医療・病院に 関する 情報を 伝える 窓口(まどぐち)です。また、気軽(きがる)に 国際的な 交流が できる 場を 準備(じゅんび)していきたいと 考えています。
センターでは『日本語で話そう』と 題して、月曜日から金曜日の午前10時~正午(しょうご)に 地域(ちいき)の 皆さんと 自由(じゆう)に 日本語で おしゃべりを 楽しむ 時間(じかん)を 準備しています。ぜひ 参加して ください。

 


【といあわせ】
国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス
国際交流センターGF(グランドフロア)
TEL 03-5574-3831 ※日本語、英語が できます。
FAX 03-5574-3832
E-mail akasaka.iec@iuhw.ac.jp
https://akasaka.iuhw.ac.jp/international/index.html(外部サイトへリンク)
 ※日本語、英語で 読むことが できます。 

【参加するときに かかる費用】
いりません。0円です。

 3.2018 SUMMER MINATO COLLECTION を おこなっています!

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

区と 区内にある ミュージアムが 協力して イベントを 行う プログラムです。イベントの 時は、区内の ミュージアムを 巡る スタンプラリーを 行います。たくさんの ミュージアムを 巡って、さまざまな アートや 文化、現代(げんだい)の 先端技術(せんたんぎじゅつ)など、コレクションと 魅力的(みりょくてき)な イベントを 楽しんでください。  

【ひにち】7月21日(土)~8月31日(金)

【対象(たいしょう)】どなたでも
【参加(さんか)方法(ほうほう)】パンフレットと スタンプラリーカードを ミナコレ 参加館(さんかかん)や 区の 施設(しせつ)で 手にいれます。スタンプを 決まった 数を集めると 景品を もらうことが できます。くわしい ことは、パンフレットや 港区ホームページ(下のURL)を みて ください。
http://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/minakore/home.html

 4.「みんなの能楽教室」を 行います。

能楽

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

「能(のう)」は ユネスコ無形文化遺産(むけいぶんかいさん)として みとめられており、約650年にわたり 伝えられている 日本の 古典(こてん)芸能(げいのう)です。夏休みを
 利用して 子どもを 中心(ちゅうしん)に 幅広い 年代(ねんだい)の 方が 体験(たいけん)することが できる 能楽(のうがく)教室(きょうしつ)です。
能の 基本(きほん)である 謡(よう)や 仕舞(しまい)、能面(のうめん)を かける、能についての 話など、「能」を 学んでみませんか?
外国人(がいこくじん)も 参加することが できるように 英語通訳(つうやく)の サポーターも います。
【対象(たいしょう)】小学生以上(いじょう)の 学生(がくせい)と その家族(かぞく)・一般の人
【行う日】①8月4日(土)②8月17日(金)③8月25日(土)
【場所(ばしょ)】松の会港区支部(港区三田4-1-26) 
【費用(ひよう)】①港区民の人:各500円②その他の人:各1,500円
【申込み】 

①8月4日(土)は7月28日(土)まで です。
②8月17日(金)は8月10日(金)まで です。
③8月25日(土)は8月18日(土)まで です。
【申込み先】一般社団法人(いっぱんしゃだんほうじん) 松の会事務局(じむきょく)
TEL・FAX 03-6767-5555
E-mail matsunokai@gmail.com
HP http//matsunokai.com/(外部サイトへリンク)

【といあわせ】港区地域振興課(ちいきしんこうか)文化芸術振興係(ぶんかげいじゅつしんこうかかり)(03-3578-2538) ※日本語だけ できます。

 5.港区文化プログラム連携(れんけい)事業「まるごといちにち こどもびじゅつかん!」

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

サントリー美術館(びじゅつかん)の 休みの 日を“こども専用(せんよう)びじゅつかん”として 開けます。むずかしいと 思われる 日本美術を 楽しく 見ることが できるような プログラムが 多く あります。
くわしい ことは、下の URLを 見て ください。
http://suntory.jp/SMA/(外部サイトへリンク)

【対象(たいしょう)】小学生、中学生と その保護者
【期間(きかん)】8月28日(火) 
【時間】午前10時~午後5時(美術館に 入ることが できるのは 午後4時30分までです。)
【場所(ばしょ)】サントリー美術館 〒107-8643 港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
【料金】いりません
※プログラムの 中には お金が いるものが あります。
【といあわせ】サントリー美術館 3479-8600(日本語と 英語が できます)
港区地域振興課(ちいきしんこうか)文化芸術振興係(ぶんかげいじゅつしんこうかかり) 3578-2538(日本語だけ できます)

 6. 港区 歴史(れきし)フォーラム「幕末(ばくまつ)明治(めいじ)の 外交(がいこう)」を 行います。

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

幕末明治の 外交を テーマに、講演(こうえん)と トークショーを 行う「港区 歴史フォーラム」を 行います。
港区 歴史フォーラムでは、「通詞」(つうじ)と「浮世絵(うきよえ)」という 視点(してん)から、日本と 外国との 政治(せいじ)・文化(ぶんか)を 学び、幕末明治の 外交の 舞台裏(ぶたいうら)に 迫ります。
【日にちと 時間】9月2日(日) ①午後1時30分~3時50分 ②午後5時~7時20分(①、②は同じ内容)
【場所(ばしょ)】赤坂区民センター区民ホール
【先生(せんせい)】木村 直樹(きむら なおき)さん(長崎大学教授)、菅原 真弓(すがわら まゆみ)さん(大阪市立大学教授)
【定員(ていいん)】1回につき400人(ランダムで 選びます)
【対象(たいしょう)】日本語のヒアリングができる方どなたでも(区外の方もお申し込み可能です。)
【費用(ひよう)】いりません。0円です。
【申込み】ハガキ または インターネットで 誰でも 応募することが できます。
 ハガキに、郵便番号(ゆうびんばんごう)・住所(じゅうしょ)(港区で 働いている、港区の 学校に 行っている人は そのことも 書いて ください。)・名前(なまえ)・年齢(ねんれい)・連絡を とることが できる電話番号(でんわばんごう)・参加したいと 思う 回((1)昼の部または(2)夜の部)・参加する 人数(1回の応募に2人まで 参加することが できます。)・一緒に 参加する 人の 名前・年齢・手話(しゅわ)の 通訳(つうやく)や 子どもを 預けたいと思っている 人は そのことを 書いて 送って ください。〒100-8502(住所は 書かなくて 大丈夫です。)東京新聞広告局「港区歴史フォーラム」係へ。
 また、下の URLから 申し込んで ください。
https://minato-rekishi-tanbou.com/(外部サイトへリンク) 

 ※当選者(代表者)に聴講券を送付します。
 ※フォーラムは日本語で行われます。
【申込期限(きげん)】8月13日(月)までに 届くように 送って ください。
【問合せ】
 東京新聞広告局「港区歴史フォーラム」係(平日午前10時~午後5時)☎6910-2483 ※日本語だけ できます。

 7.港区内施設(みなとくないしせつ)の 紹介(しょうかい)「健康(けんこう)増進(ぞうしん)センター ヘルシーナ」

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

18歳以上の 人を 対象(たいしょう)に、健康づくりや 生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)を 前もって 防ぐことや 改善(かいぜん)の 手伝いを しています。医師(いし)・管理栄養士(かんりえいようし)・健康運動指導士(けんこううんどうしどうし)のもとで、それぞれの 人に 合った 健康トレーニングメニューの 作成や、各種(かくしゅ)の 健康教室(きょうしつ)も 設けています。
【利用することが できる 時間】午前9時30分~午後9時(最後の 時間の 受付:午後8時30分)
【休みの日】毎月第3日曜日、12月29日~1月3日
【場所(ばしょ)】港区赤坂(あかさか)4-18-13 赤坂コミュニティぷらざ6階(Tel:03-5413-2717)
※日本語だけできます。 

 8.平成30年度お台場海水浴(かいすいよく)「お台場プラージュ」を 行います。

お台場プラージュ1 お台場プラージュ2

 ※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

平成30年度の お台場海水浴は、パリの 夏の 風物詩(ふうぶつし)である 「パリ・プラージュ」の 雰囲気(ふんいき)を あらわした「お台場プラージュ」として、生まれ変わります。
「お台場プラージュ」では、セーヌ川 沿いで バカンス気分を 楽しむことが できる イベント「パリ・プラージュ」の 雰囲気を お台場に 再現(さいげん)するほか、パリ市の PRブースも あります。お台場の 砂浜(すなはま)で パリの 気分(きぶん)を 味わうことができます。
※プラージュとは、フランス語で「砂浜」「浜辺(はまべ)」のことです。
【おこなう日】7月28日(土)~8月5日(日)
【場所(ばしょ)】都立(とりつ)お台場海浜公園(港区台場1-4)
【対象(たいしょう)】どなたでも(海水浴(かいすいよく)の 体験は 小学4年生よりも 下の 子どもは 保護者(ほごしゃ)も 一緒に 参加して ください)
【費用(ひよう)】いりません。0円です。
【申込み】そのまま 会場に 来て ください。なお、泳ぐときは、その場所で 同意書を書いて ください。
【イベントの 内容(ないよう)】
休憩(きゅうけい)スペースや 更衣室(こういしつ)(着替える場所)、シャワー室を があるほか、より ビーチを楽しんでもらうために、キッズボートや 浮き具(ウォーターローラー)、海上(かいじょう)に 設置した 浮き島など、子どもから 大人まで 楽しむことが できます。

 9.港区の 公立学校、小・中学校の 屋内(おくない)の プールを つかうことが できます。

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

☆港区に 住んでいる または 働いている人は 学校の 屋内の プールを つかうことが できます☆
つかれている 体を リフレッシュさせるためにも ぜひ つかって ください。
【つかうことが できる人】港区に 住んでいる または 働いている人で 個人登録証
を持っている人(小学生、中学生は いりません) 
下に 書いている 書類を もってきて ください。その日から つかうことが できます。
港区に 住んでいる人…名前と 住んでいる 場所が 書いている 証明書(運転免許証(うんてんめんきょしょう)、健康保険証、住民票など)
港区で 働いている人…会社の場所と つかう人の 名前が 書いている 証明書(社員証、健康保険証、在勤証明書(ざいきんしょうめいしょ)など)
※名刺だけでは 登録することが できません。
【あいている日にちと 時間】

火・水:午後6時から午後8時 

木・金:午後5時から午後8時まで 

土・日と祝日の木・金:午前10時から正午(しょうご)まで 、午後1時から午後3時まで 、午後3時30分から午後5時30分まで、 午後6時から午後8時まで
【料金】大人:500円、
小学生、中学生、高校生:100円、
港区に 住んでいる65歳以上の人、港区に 住んでいる障害者、3歳以上の 小学校に 入る前の人:お金はかかりません
【次の人は利用することができません】 

3歳より 下の 子ども
おむつが 取れていない 子ども
お酒を 飲んでいる人
心臓や 感染症の 病気の人
医者に 禁止されている人
【問い合わせ】教育委員会事務局(きょういくいいんかいじむきょく)生涯学習推進課(しょうがいがくしゅうすいしんか)スポーツ振興係(しんこうかかり)(03-3578-2750)※日本語だけできます。

下の URLも みて ください。
/sports/kodomo/sports/sports/akasaka_pool.html

 10.国民年金保険料(こくみんねんきんほけんりょう)の 免除制度を 知っていますか。

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が 不得意(ふとくい)な 人のために 「やさしい日本語」を つかって います。

所得(しょとく)が 少ない など 経済的(けいざいてき)な 理由(りゆう)で 国民年金保険料の 納付(のうふ)が 難しい 人のために、保険料を 免除(少なくすることが できること)制度(せいど)が あります。
【種類(しゅるい)】
・全額(ぜんがく)
・4分の3(4分の1納付)
・半額(はんがく)(2分の1納付)
・4分の1(4分の3納付)
※学生(がくせい)や 50歳よりも 下の 人には、本人(ほんにん)・配偶者(はいぐうしゃ)(学生の場合は本人)の 前の年の 所得が 一定以下(いか)の 場合など 保険料の 納付を 減らすことが できる 制度も あります。減らすことが できる 期間(きかん)は、年金の 多さに 関係(かんけい)ないです。
※過去(かこ)の 2年1カ月前まで 戻って 申し込みを することが できます。
【所得の基準(きじゅん)】
本人・配偶者・世帯主(せたいぬし)の 前の年の所得が 一定の基準以下で、家族の 人数などにより 変わります。失業(しつぎょう)や 天災(てんさい)などを 理由とする 場合には 特例(とくれい)があります。
【免除が 認められる期間】
老齢(年をとっていること)・障害(しょうがい)・遺族基礎年金(いぞくきそねんきん)を もらう 資格がある 期間に 含まれます。
☆老齢基礎年金額の 計算(けいさん)
免除が 認められた 免除の 区分(くぶん)と 期間により 年金が 多くなるか 少なるかが 決まります。
なお、一部免除が 認められた期間の 保険料を 納めていない 期間は、年金の多さにに 関係ないです。
☆保険料の追納(ついのう)(足りない 保険料を 納付すること)
保険料を 免除された 期間については、免除期間から 10年以内に 保険料を 納めることが できます。
【申し込み】住んでいる市区町村役場、年金事務所(じむしょ)
【といあわせ】
国保年金課(こくほねんきんか)国民年金係(こくみんねんきんかかり) 03-3578-2663 
※日本語だけ できます。
港年金事務所03-5401-3211 ※日本語だけ できます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課国際化推進係

電話番号:03-3578-2303

ファックス番号:03-3438-8252