現在のページ:トップページ > 産業・文化・観光 > 国際化推進・国際交流 > 国際化推進施策の取組み紹介 > 外国人への情報提供事業 > ミナトインフォメーションメール > ミナトインフォメーションメール 2018年12月10日配信分 やさしい日本語版

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

MIM –2018年12月10日号

 1. 講演(こうえん)「これからの 異文化 コミュニケーション」(ちがう 文化の 人たちと 話す という こと)を 行います。

ボランティア研修1 ボランティア研修2

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

港区には 約2万人の 外国人が 住んでいます。文化や 生活(せいかつ)の 考え方が 違う 人たちと 話すときに 気をつける ことは 何でしょう。カプレホス・セサルさんと 吉開 章(よしかい あきら)さんが 話します。 カプレホス・セサルさんは、ペルーから 日本に 来ました。日本には 28年 住んでいます。吉開 章さんは、「やさしい日本語」を 使うことを すすめています。だれでも 参加することが できます。 ぜひ 来て ください。
【日にちと 時間】12月12日(水)19時~21時(18時30分から 会場に 入ることが できます。)
【場所(ばしょ)】みなとパーク芝浦(しばうら)1階 リーブラホール(港区芝浦1-16-1)
【申込み】いりません。会場に そのまま 来て ください。
【来ることができる人数】200名
【料金(りょうきん)】いりません。0円です。
【問い合わせ】地域振興課(ちいきしんこうか)国際化推進係(こくさいかすいしんかかり)(03-3578-2524)※日本語、英語が できます。

 2.英語が 話すことが できる 店(みせ)を 紹介(しょうかい)します【海華月(かいかげつ)】

商店街事業「海華月」1 商店街事業「海華月」2

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

【海華月(かいかげつ)】
海華月は、飛騨高山(ひだこうざん)の 食べものを 楽しむことが できる 和食(わしょく)の お店です。お店も 和の 雰囲気(ふんいき)が あります。
料理(りょうり)は 1つずつ 注文することが できます。コースで 注文することも できます。
日本酒(にほんしゅ)に 力を 入れています。たくさんの 種類(しゅるい)が あります。
 
住所:港区南青山1-15-20  
TEL: 050-3477-4612

※詳しい ことは 下の URLを 見て ください。
http://kaikagetsu.com/(外部サイトへリンク) (日本語で 書いています。)

 3.人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)(※日本の伝統芸能(でんとうげいのう)のこと)を 行います。

人形浄瑠璃文楽

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

人形浄瑠璃文楽は、物語(ものがたり)を 歌(うた) と 人形(にんぎょう)の 劇(げき)で 伝(つた)えます。
ぜひ 人形浄瑠璃文楽を、 体験(たいけん) してください。ぜひ、来て ください。

【日にちと 時間】2019年2月19日(火)
【来ることが できる人】だれでも。※小学校に 入る前の 0~6歳の 子どもは 来ることが できません。
【場所】赤坂区民センター 区民ホール
【内容(ないよう)】
1.文楽の 体験
 時間:16時~17時(15時30分から 会場に 入ることが できます。)
 料金:1,000円/港区に 住んでいる人と 働いている人は 500円です。/19歳より 下の 人は 0円です。

2.文楽の お話・人形浄瑠璃文楽の 公演(こうえん)
 時間:19時~21時(18時30分から 会場に 入ることが できます。)
 料金:3,500円/港区に 住んでいる人と 働いている人は 3,000円です。/19歳より 下の 人は 0円です。
【申込み・問い合わせ】
E-mail:tk@labunraku.jp に メール して ください。日本語と 英語 どちらで 書いても 大丈夫です。
※詳しい ことは 下の URLを 見て ください。 
http://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/bunkageijyutsukatsudojyosei/h30nendo/30support/bunraku.html (日本語で 書いています。)

 4. クリスマスコンサートに 来て ください。

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

誰でも 来ることが できる コンサート です。
ぜひ 来て ください。

【日にちと 時間】12月18日(火) 12時10分~12時50分(11時40分から 会場に 入ることが できます。)
【演奏(えんそう)する人】Duo Deux Fluers(ヴァイオリン)、高木 文世(たかぎ ふみよ)さん(ピアノ)
【内容】2本の ヴァイオリンと ピアノで コンサートを 行います。
【場所】リーブラホール(港区芝浦1-16-1)
【来ることが できる 人数】140席(早く 来た 人から 会場に 入ることが できます。)
【申込み】いりません。そのまま 会場に 来て ください。
【問い合わせ】地域振興課文化芸術振興係(ぶんかげいじゅつしんこうかかり)(3578-2343)※日本語だけ できます。

 5.AIを 使って 作った 翻訳(ほんやく)の 文章(ぶんしょう)を 見て、正しいか どうか意見(いけん)を ください。

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

港区では、港区の ホームページを 英語・中国語・ハングルの 3つの 言葉で 機械(きかい)翻訳しています。
しかし、翻訳の 内容が 分かりにくいことが 課題(かだい)です。
現在、内容を 分かりやすくするために、AIを 使って 翻訳を 行っています。
下の URLに 翻訳した 文章が あります。正しいか どうか 意見を ください。 
【意見を 言う 方法】
1.港区の ホームページに ログインし、翻訳の 内容を 確認
http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/ai-honyaku.html

2.アンケート形式の入力フォームからご意見を送信
※2019年1月31日(木)までに 意見を 送って ください。

担当:区長室(くちょうしつ)広報戦略担当(こうほうせんりゃくたんとう) 

E-mail:kuminkoho@city.minato.tokyo.jp ※日本語、英語が できます。

 6. 親と 子どもで 楽しむことが できる クリスマスコンサート2018を 行います。

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

0歳の 子どもから 楽しむことが できる クリスマスコンサートです。指揮者(しきしゃ)を 体験(たいけん)することが できる コーナーも あります。だれでも 来ることが できます。ぜひ 来て ください。
【日にちと時間】12月23日(日) 15時(14時に 会場(かいじょう)が 開きます。)
【場所】芝浦港南(しばうらこうなん)区民(くみん)センター区民ホール(港区芝浦4-13-1)
【参加することが できる 人数】200人(会場に 来た人から 受付(うけつけ)します。)
【料金(りょうきん)】いりません。0円です。
【申込み】いりません。そのまま 会場に 来て ください。
【問い合わせ】
近衛樂友会(このえがくゆうかい)オーケストラ(050-5317-4419) ※日本語だけ できます。
※詳しい ことは 下の URLを 見て ください。
http://www.konoyeorche.net(外部サイトへリンク)(日本語で 書いています。)

 7.麻布ジャパニーズクラスを 行います。

ジャパニーズクラス1 ジャパニーズクラス2

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

漢字(かんじ)、日本語を 勉強(べんきょう)したい 人は、ぜひ 来て ください。
【日にちと 時間】2019年1月27日、2月3日、10日、17日、24日、3月3日、10日、17日(毎週日曜日) 13時30分~15時10分
【場所】麻布区民センター2F 会議室(かいぎしつ)(港区六本木(ろっぽんぎ)5-16-45)
【来ることが できる 人数】12名(ランダムで 選びます。)
【来ることが できる人】①15歳よりも 上の 外国人②日本語教室で 36時間~80時間 日本語を 勉強したことが ある人③ひらがな・カタカナが 読むことが できる人
【料金】6000円(8回分・教科書の 料金も 入っています。)
【申込み】下の ①~⑥を 書いて、FAXか ホームページから 申込んで ください。
①麻布ジャパニーズクラス②名前(なまえ)③FAX番号④E-mailアドレス⑤話すことができる 言語(げんご)⑥学んだ 日本語教室の 名前と 勉強した 時間
【締切(しめきり)】2019年1月15日(火)
【FAX番号】03-3583-5547
【問い合わせ】麻布区民センター(電話:03-3583-5487)※日本語だけ できます。
※詳しい ことは 下の URLを 見て ください。 

www.azabu-civiccenter.jp(外部サイトへリンク) (日本語で 書いています。)

 8. ☆歴史館(れきしかん)の 周りで 写真(しゃしん)を 撮りましょう☆

写真倶楽部

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

郷土(きょうど)歴史館の 周りで 歩いて 写真を 撮ります。
外国人も 来ることが できます。ぜひ 来て ください。
※通訳(つうやく)は いません。

【日にちと 時間】12月16日(日) 13時30分~15時30分(13時に 受付(うけつけ)が 始まります。)
※雨が 降った時でも 行います。(その時は 建物(たてもの)の 中で 写真を 撮ります。)
【場所】港区立郷土歴史館4階講座室(こうざしつ)B(港区白金台(しろかねだい)4-6-2 )
【写真の 撮り方を 教える人】河上 真純(かわかみ ますみ)
【来ることが できる人】20人
【料金(りょうきん)】いりません。0円です。
【申込方法(ほうほう)】11月15日(木)から 受付を しています。下に 書いている 番号に 電話を して ください。
【持ってくるもの】スマートフォン
【問い合わせ】港区立郷土歴史館(03-6450-2107)※日本語だけできます。
※9時~17時(土曜日だけ 9時~20時です。)

※詳しい ことは 下の URLを 見て ください。
https://www.minato-rekishi.com/lectures/2018/11/-vol-1.html(外部サイトへリンク)(日本語で 書いています。)

 9. 安心(あんしん)して 楽しむことが できる 街(まち)の 実現(じつげん)のために

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

港区では、客引き行為(相手に 声を かけて お店に 行くことを すすめること)を 禁止(きんし)しています。
客引きを する人は 「すぐに個室(こしつ)を 案内することが できる」等と 話を してきます。しかし、店に 行くと 話を した時より 高い 料金を 求められることが あります。
客引き行為が あった時は、気を 付けて ください。

 10.第10回港区文化芸術(ぶんかげいじゅつ)フェスティバルに 来る人を 集めます。

文芸フェスティバル3 文芸フェスティバル1 文芸フェスティバル2 

※この 文章(ぶんしょう)は 日本語が わからない 人のために 「やさしい日本語」を 使っています。

港区文化芸術フェスティバルを サントリーホールで 行います。来るためには、 申込みが 必要(ひつよう)です。お金はかかりません。ぜひ 来て ください。
【日にち】平成31年2月17日(日) 2回公演(A:12時~13時、B:16時~17時。公演が始まる 30分前に 会場に 入ることが できます。)
【場所】サントリーホール ブルーローズ(港区赤坂1-13-1)
【対象】誰でも 来ることが できます。
【定員】各公演200人
【申し込み方法】下の ①~⑤を 書いて、はがき・ファックス・電話の どれかの 方法で 申込んで ください。
〒105-8511港区役所地域振興課文化芸術振興係、FAX:(03)3438-8252、みなとコール(午前9時(12月11日(火)のみ15時から)~17時)電話(03)5472-3710
① 郵便番号、住所(港区で 働いている人、港区の 学校に 行っている人は そのことを 書いて ください。)②名前(なまえ)③電話番号④来たい 公演(a 12時~13時の 公演、b16時~17時の 公演、cどちらの 時間でも よい)⑤来る 人数(4人まで 来ることが できます。未就学児(みしゅうがくじ)(※小学校に 入る前の 0~6歳の 子ども)も 1席分 必要です。)

【申し込み期間】12月11日(火)~12月28日(金) ※12月28日(金)までに 届くように 申込を して ください。
【申込みの 結果(けっか)に ついて】1月中旬(ちゅうじゅん)に 郵送(ゆうそう)します。
【問い合わせ】地域振興課文化芸術振興係(TEL:03-3578-2584) (日本語だけ できます。)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課国際化推進係

電話番号:03-3578-2303

ファックス番号:03-3438-8252