ここから本文です。

更新日:2021年2月21日

三田図書館の移転について

内容

三田図書館をなぜ札の辻に移転させるのか。
高輪地区寄りには、図書館が多くあるのだから、三田三丁目付近に移転させるべきだ。三田図書館の跡地は、何が出来るのか知らないが、有効に活用してほしい。

区の対応・考え方

日頃から港区立図書館をご利用いただきありがとうございます。
現三田図書館の建物は、昭和57年4月に建設されたものですが、老朽化が進行し、良好な読書環境の確保や将来の安全性維持への懸念から、現地改築又は移転の両側面で対策を検討してまいりました。
その結果、複数年にわたる施設休館が必要となる現地改築は、図書館利用者への影響が大きいことから、区が取得した芝五丁目用地に、新たに設置される産業振興センターとの複合化による移転を決定いたしました。
移転後の三田図書館跡地の活用については、引き続き検討してまいります。
新たな三田図書館は、区内最大規模の蔵書数や多様な閲覧席を有する、「学び」を支える図書館として、令和4年4月に開設する予定です。
従来の三田図書館と同様、ご活用くださいますようお願い申し上げます。

担当課

教育委員会事務局教育推進部図書文化財課庶務係

ご意見をいただいた時期

令和2年10月

関連分野

子ども・家庭・教育-図書館-図書館

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広聴担当

電話番号:03-3578-2050