ここから本文です。

更新日:2022年5月21日

港区独自の感染対策について

内容

在日米軍が居住する地域では、自治体が住民を守るために感染防止策を講じている。
港区には米軍ヘリポートがあり、米兵を含め外国人居住者も多いので、不安を感じている。
沖縄県や山口県等の二の舞になることのないよう、区長は区民を守るために、申し入れするべきところにきちんと働きかけ、港区独自の感染対策を推し進めてほしい。

区の対応・考え方

区は、米軍関係者による我が国への入国については、水際対策を含む日本政府の方針に整合的かつ厳格な措置をとっており、具体的には、入国する米軍関係者に対する移動制限の義務付け、空港から自宅等への移動について公共交通機関の利用禁止、移動制限措置終了後のPCR検査の義務付け等の厳格な措置を実施していることを防衛省に確認しております。
区内にある米軍基地(赤坂プレスセンター及びニューサンノー米軍センター)に所属する駐留軍等労働者が感染した場合には、北関東防衛局横田防衛事務所から区に連絡が入ることになっており、令和2年9月に、赤坂プレスセンター所属の駐留軍等労働者が新型コロナウイルス感染症に感染したとの連絡を受けた際には、東京都とともに在日米陸軍司令部司令官、北関東防衛局長及び横田防衛事務所長に対し、万全な感染防止策を講じること及び必要かつ詳細な情報提供を速やかに行うよう口頭要請を行いました。
また、東京都が主催する米軍基地対策に係る都区市町村会議や、東京都を始め米軍基地が所在する都道府県で構成する渉外知事会を通して、国に対し米軍基地における新型コロナウイルス感染症対策に関する要望を行っています。
引き続き、赤坂プレスセンター及びニューサンノー米軍センターで新型コロナウイルス感染者が判明したとの連絡を受けた際には、情報収集に努め、区ホームページなどで公表してまいります。

担当課

総務部総務課人権・男女平等参画係

ご意見をいただいた時期

令和4年1月

関連分野

防災・生活安全-生活安全-その他

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広聴担当

電話番号:03-3578-2050