ここから本文です。

更新日:2022年5月21日

防災無線の音割れについて

内容

防災課には何年か前に要望しましたが、防災無線の音が割れてほとんど聞き取れません。

芝浦4丁目、港南区民センターの近くに住んでいますが、この周りに防災無線のスピーカーはあるのでしょうか。
付近にはタワーマンションなども立ち並び、多くの人が住んでいます。

防災課では、防災ラジオを配っていると言いますが、6000台だと言います。
非常時には、これで十分区民に伝えることができるのでしょうか。
震災時など、スマホや電話をすぐに使えないことも考えられ、ホームページや電話での確認が取れないことも十分考えられます。

緊急の情報であるので、他の手段に頼らず、防災無線自体が情報を広く伝えられる仕組みであるべきです。
防災課の担当者と話したところ、改善の予定はないということでしたが、これでよいのでしょうか。
防災無線がきちんと聞こえるように、音割れなど防災無線の音が聞こえない状況を確認し、改善するようにしてほしいです。

区の対応・考え方

このたびは、防災行政無線の聞こえに関するご意見をいただきありがとうございました。
芝浦4丁目には、都営芝浦四丁目アパート(芝浦4-4-38)、芝浦小学校芝浦(4-8-18)、芝浦四丁目下水道局敷地(芝浦4-20)、芝浦アイランドこども園(芝浦4-20-1)の計4カ所に屋外スピーカーを設置しています。
港区内には高層の建築物が多く、防災行政無線のスピーカーから放送する音が他のスピーカーから放送される音や、高層建築物に反射した音と混ざり合い、反響することで、防災行政無線が聞きとりにくい状況が生じていることは区でも把握しています。
区では、音の品質改善について、放送設備の性能向上など取り組んでおりますが、物理的な原因であることから解決には困難を要しています。
そのため、防災行政無線の情報取得の補完として、下記のご案内も行っております。

1.防災行政無線放送内容確認電話
電話(03-5401-0742)により、放送内容の録音を聴くことができます。
2.防災情報メール配信サービス
災害時における避難勧告の発令情報など、防災行政無線で放送した内容と同一の情報を配信しております。予めご登録いただくことでお手元の携帯電話・スマートフォン等にメールが届き、後からでも内容を確認できる利便性が特長です。
3.港区防災ラジオ
280MHz帯の電波を使用し、大きな出力と電波特性により建物浸透性に優れているため、気密性の高い住宅でも安定して室内で防災行政無線の情報を聞くことができるラジオです。
災害時の情報伝達手段として、港区に住民登録がある世帯に自己負担金1,000円で有償配付しています。(住民税非課税世帯の方及び生活保護受給世帯の方は無償。)

また、区ホームページや東京都港区(災害・緊急対策関連情報)のSNS(Twitter、Facebook)アカウントでも防災行政無線で放送した内容を発信しておりますので、ぜひご活用ください。
今後とも、区の防災行政に御理解と御協力をいただきますようお願いいたします。

担当課

防災危機管理室防災課防災係

ご意見をいただいた時期

令和4年3月

関連分野

防災・生活安全-防災・災害対策-防災無線

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広聴担当

電話番号:03-3578-2050