• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2018年4月26日

給食のおはなし 21 高陵中学校

給食をきっかけに食への関心を高める

学校給食には、成長期にある児童・生徒の健全な発達のため、栄養バランスのとれた豊かな食事を提供する役割があります。加えて、正しい食習慣を身に付け、食文化に触れる食育の機会としても大切な役割を担っています。

高陵中学校では、平成28年11月に1年生を対象に、「和食を通して日本の食文化を知ろう」をテーマにした食育の授業を行い、生徒は和食器の正しい置き方等を学びました。その日の給食は、お椀、汁椀、皿、小鉢を使い、焼き魚を主菜にした給食を提供し、生徒は和食器に触れ、実際に学んだ置き方等を実践しました。この日以降、和食の給食では、生徒は自然と正しい位置に食器を置くようになったそうです。「給食がきっかけとなってさまざまな食文化に関心を持ってもらい、今後の人生に生かしてもらえるとうれしいです」と栄養士。

卒業式を控えた3月は、学校行事が多い月です。同校では毎年、桃の節句(3月3日)に合わせて、ひな祭りメニューが給食に登場します。平成28年は、ちらしずしを提供しました。人参やさやえんどう等の入った具だくさんのちらしずしは、彩りも鮮やかで春の訪れを感じさせてくれます。「季節の移り変わりを感じ、日本古来の伝統行事を大切にしてほしい」という願いが込められています。

和食器で提供した給食

お祝いメニュー(ひなまつり)

ちらしずし、菜の花のすまし汁、ゴボウサラダ、オレンジと白桃のゼリー

ちらしずしの作り方

ちらしずしの材料(4人分)

  • うるち米 2合
  • 酒 小さじ2
  • 昆布 5センチ角

    A

    • 酢 大さじ2
    • 砂糖 大さじ1
    • 塩 小さじ2分の1
  • ニンジン 3分の1本
  • 干しシイタケ 10グラム
  • かんぴょう 20グラム
  • 油揚げ 2分の1枚

    B

    • だし汁 350cc
    • 砂糖 大さじ2分の1
    • みりん 小さじ3分の2
    • こいくちしょうゆ 大さじ1
  • レンコン 3分の1節

    C

    • 酢 大さじ2分の1
    • 塩 小さじ2分の1
    • 砂糖 小さじ3分の2
  • 油 適量
  • 卵 2個
  • 塩 少々
  • 酢 数摘
  • サヤエンドウ お好み
  • 刻みのり お好み

ちらしずしの作り方

  • (1)酒・昆布を入れてご飯を炊き、炊き上がったら加熱したAを混ぜ、冷ます。
  • (2)戻したかんぴょうを2センチに切る。戻したシイタケ・ニンジンを千切りにする。(2)をBと共に煮る。
  • (3)レンコンを薄くいちょう型に切り、さっとゆでてCに30分程漬ける。
  • (4)卵を溶き、塩を入れていり卵を作る。
  • (5)サヤエンドウをゆで、斜め薄切りにする。
  • (6)(2)・(3)の汁気を切りご飯に混ぜ、仕上げに(4)・(5)・のりを散らす。

【次回は高松中学校です】

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034