• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年8月 > 広報みなと2017年8月1日号 トップページ > 広報みなと2017年8月1日号 身近な立場で支援する「社会貢献型後見人候補者等養成基礎講習」説明会を開催します

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

広報みなと2017年8月1日号
身近な立場で支援する「社会貢献型後見人候補者等養成基礎講習」説明会を開催します

社会貢献型後見人候補者等とは

社会貢献型後見人(市民後見人)

認知症や知的障害、精神障害等によって判断能力の不十分な人の権利や財産を守る成年後見制度の担い手として、地域や社会に貢献する精神に基づき、親族でも専門職でもない、同じ区民としての身近な立場で成年後見活動を行います。

登録型生活支援員

福祉サービスの利用援助が必要な人に生活支援員がご自宅を訪問し、必要な手続きや日常的な金銭管理等の支援を行います。

基礎講習受講対象者

次の(1)から(6)の全てを満たす人

(1)区内または近隣地域在住の20歳から70歳程度の人

(2)健康上の問題がなく、時間的制約を受けることが少ない人

(3)成年後見制度および高齢者や障害者に対する権利擁護に理解と熱意があり、成年後見業務・登録型生活支援員業務を行う意思がある人

(4)説明会と講習等の全日程に参加できる人

(5)他の区市町村および団体において社会貢献型後見人候補者等としての登録をしていない人

(6)民法第847条に規定する後見人の欠格事由に該当しない人

社会貢献型後見人候補者等になるには

作文と面接による選考後「社会貢献型後見人をめざす人のための基礎講習」と「登録型生活支援員養成講習」を受講していただきます。受講後、港区社会福祉協議会での研修を積みながら、社会貢献型後見人としての受任または登録型生活支援員として支援を行います。

社会貢献型後見人候補者等になるまでの流れ

(1)9月22日(金曜)の説明会に参加(必須)

(2)基礎講習に応募(作文・面接による選考あり)

(3)平成30年1月から2月の5日間の基礎講習等受講(平日昼間)

※全日程参加が必要です。

(4)平成30年4月に港区社会福祉協議会に登録。その後、講義や現場実習等を受講(平日昼間)

(5)ふさわしい案件があった場合に後見人候補者として紹介・推薦、受任。また、登録型生活支援員として活動

※基礎講習修了によって、将来成年後見人等の活動が約束されるものではありません。

説明会

対象

どなたでも

※基礎講習の受講を希望する人は必ず参加してください。

とき

9月22日(金曜)午後1時30分から3時30分

ところ

麻布地区総合支所

定員

20人(申込順)

申し込み

電話またはファックスで、住所・氏名・連絡先を明記の上、港区社会福祉協議会生活支援係へ。

問い合わせ

  • 港区社会福祉協議会生活支援係
    電話:03-6230-0282、ファックス:03-6230-0285

担当課

保健福祉課福祉活動支援係

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036