• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年8月 > 広報みなと2017年8月21日号 トップページ > 広報みなと2017年8月21日号 港区健康診査、がん検診についての大切なお知らせです

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

広報みなと2017年8月21日号
港区健康診査、がん検診についての大切なお知らせです

区の健康診査・がん検診等を無料で受診できます。ぜひ、この機会にお受けください。

受診期間・対象・内容

表1・表2のとおり

ところ

区内指定医療機関(送付するご案内に記載されています)

※医療機関名簿は港区ホームページでもご確認いただけます。

費用

無料(指定された検査内容について)

表1 健康診査等

内容

対象

検査内容等

受診期間

特定健康診査

40歳から74歳の人(平成29年4月1日現在、港区国民健康保険に加入している人)

  • 受診日現在、港区国民健康保険に加入している人は、区が実施します。
  • 上記以外の人は、ご加入の医療保険者(健康保険証発行元)へお問い合わせください(会社等の保険および健康保険組合等に加入している人やその被扶養者は、加入している医療保険者が特定健康診査を実施します)。

問診、身体計測、血圧測定、尿検査、血液検査等

【目的】生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームの発見や改善

7月1日(土曜)から11月30日(木曜)

※肝炎ウイルス検診のみ、一部の医療機関で11月30日(木曜)以降も受診可能です。

基本健康診査

75歳以上の人(後期高齢者医療制度加入者)、40歳以上の生活保護受給者等

※平成29年4月2日以降に港区国民健康保険に加入した人は、基本健康診査を受診できます。

問診、身体計測、血圧測定、尿検査、血液検査等

【目的】生活習慣病の早期発見、早期治療

肝炎ウイルス検診

今まで一度も肝炎ウイルス検診を受診したことのない区民

問診、血液検査

表2 がん検診

内容

対象

検査内容等

受診期間

胃がん検診

胃部X線検査

40歳以上

問診、胃部X線検査(バリウム検査)

7月1日(土曜)から11月30日(木曜)

胃内視鏡検査

50歳以上の偶数年齢の人 ※1

問診、胃内視鏡検査

大腸がん検診

40歳以上

問診、便潜血反応検査(検便)

肺がん検診

40歳以上

問診、胸部X線検査(全員実施)喀痰(かくたん)検査(該当者に実施)

喉頭がん検診

40歳以上で、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)600以上の人等

問診、頚(けい)部触診、ファイバースコープ等による診察

前立腺がん検診

55歳から75歳の奇数年齢の男性

問診、血液検査(PSA検査)

子宮頸(けい)がん検診

20歳以上の女性

問診、視診、内診、細胞診(全員実施)
HPV(ヒトパピローマウイルス)検査 ※2

7月1日(土曜)から平成30年1月31日(水曜)

乳がん検診

視触診

30歳から39歳の女性

問診、視触診

マンモグラフィ検査

40歳以上で平成28年度マンモグラフィ検査未受診の女性 ※3

問診、乳房X線検査

7月1日(土曜)から平成30年2月28日(水曜)

※1 50歳以上の偶数年齢の人は、胃がん検診の胃部X線検査か胃内視鏡検査を選択できます。ただし、同じ年度に受診できるのは、どちらか一方の検査です(胃内視鏡検査と胃部X線検査の両方を受診することはできません)。

※2 HPV(ヒトパピローマウイルス)検査は、30歳・33歳・36歳・39歳の希望者に実施します。

※3 乳がん検診(マンモグラフィ検査)の受診間隔は2年に1回です。

がん検診の内容に変更があります 

平成29年度から、胃がん検診および子宮頸(けい)がん検診の検査内容に一部変更があります。胃がん検診では、50歳以上の偶数年齢の人は、胃部X線検査と胃内視鏡検査のいずれかを選択できます。子宮頸がん検診では、30歳・33歳・36歳・39歳で希望する人には、細胞診に加え、子宮頸がんの原因ウイルスであるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染の状態を調べるHPV検査を実施します。

「受診券」「ご案内」の送付

40歳以上の人には、6月19日と7月24日に、受診の際に必要な「受診券」と「港区健康診査・がん検診のご案内」を発送しています(図1参照)。

また、20歳から39歳の女性のうち、5歳ごとの節目年齢の人と過去3年間に港区がん検診の受診歴がある人等にも、年齢に応じたがん検診の「受診券」と「乳がん・子宮頸がん検診のご案内」を発送しています(図2参照)。

平成29年度の送付用封筒の色は、「ピンク色」です。

図1 40歳以上の人への送付封筒(定形外封筒)

40歳以上の人への送付封筒(定形外封筒)

図2 20歳から39歳女性対象者への送付封筒(定形封筒)

20歳から39歳女性対象者への送付封筒(定形封筒)

受診券がお手元にない場合

平成29年7月8日から9月25日に港区に転入した人や港区国民健康保険に加入した40歳以上の人等には、10月中旬に対象となる受診券を追加発送します。

ただし、早めに受診を希望する場合や、20歳から39歳の女性のうち、自動送付の対象でない人は、お申し込みにより、受診券を発送しますので、ご連絡ください。

指定医療機関の情報について

各種健(検)診を受診できる指定医療機関は、受診券と一緒に送付している「港区健康診査・がん検診のご案内」または「港区がん検診のご案内」に記載されています。医療機関名簿の情報に変更がある場合は、港区ホームページに修正情報を掲載しますので、ご確認ください。

ご注意ください

  • 対象年齢は平成30年3月31日現在で計算しています。
  • 受診日現在、港区に住民登録のない人は、受診券を利用できません。
  • 9月26日以降に港区に転入した人や40歳以上で港区国民健康保険に加入した人、生活保護の受給を開始した人は、お申し込みにより受診券を発送いたします。
  • 受診期間終了近くになると、医療機関の予約がとりにくくなることが予想されます。また、土曜・日曜は、受診できる医療機関が限られます。早めの受診をお勧めします。

問い合わせ

  • みなと保健所健康推進課健診事業担当・健康づくり係
    電話:03-6400-0083

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036