• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

広報みなと2017年11月1日号
糖尿病の話

糖尿病とは

ご飯等の糖質の多い食品を食べると、糖質は消化されてブドウ糖になります。膵(すい)臓から分泌されたインスリンというホルモンは、肝臓、筋肉、脂肪細胞等に働き、ブドウ糖を血液中から細胞内に取り込み、血糖値を低下させます。糖尿病は、血糖値を下げるインスリンがうまく働かなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病は何が怖いの

血糖値の高い状態が続くと、全身にさまざまな合併症が起こります。

糖尿病神経障害

高血糖が続くと、神経が刺激され、手足のしびれや痛み、立ちくらみ等が生じます。

糖尿病網膜症

高血糖が続くと、目の網膜の毛細血管がもろくなり、出血し、視力の低下につながります。

糖尿病腎症

腎臓には毛細血管の集まった糸球体があり、血液をろ過し、老廃物を尿として排せつします。高血糖が続くと、糸球体の働きが悪くなり、老廃物が排せつできなくなります。悪化すると、腎不全になり透析療法が必要になることがあります。

血糖値を下げるためには

食事はバランスよく食べましょう

主食(ご飯・パン・麺類等)、主菜(肉・魚・鶏卵・豆腐等)、副菜(野菜・きのこ・海藻等)を組み合わせて食べることが大切です。

規則的に食事をする

食事を抜くと空腹状態が続き、次の食事で血糖値が急激に上昇します。1日3食の食事を基本にしましょう。

11月は糖尿病予防月間です
「糖尿病予防イベント」のご案内

(1)糖尿病予防教室

対象

区内在住・在勤

とき

(A)11月14日(火曜)午後2時から4時

(B)11月27日(月曜)午後2時から4時

ところ

みなと保健所

定員

(A)80人(申込順)

(B)60人(申込順)

申し込み

電話で、みなとコール(午前9時から午後5時受け付け)へ。

(2)糖尿病予防の食事展

対象

どなたでも

とき

11月1日(水曜)から14日(火曜)

ところ

みなと保健所

問い合わせ

  • みなと保健所健康推進課健康づくり係
    電話:03-6400-0083

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036