• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年11月 > 広報みなと2017年11月1日号 トップページ > 広報みなと2017年11月1日号 11月1日から7日は文化財保護強調週間です

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

広報みなと2017年11月1日号
11月1日から7日は文化財保護強調週間です

11月3日(文化の日)を中心とした1週間は「文化財保護強調週間」として、各地でさまざまな文化財保護事業が行われ、東京都では「東京文化財ウィーク」が行われています。

ここでは、平成29年度に区が新たに指定した文化財と、「東京文化財ウィーク」について紹介します。

平成29年度港区指定文化財2件が決まりました

有形文化財[建造物]
大門 1棟

芝公園二丁目3番地先 区道上

芝公園二丁目3番地先 区道上

増上寺門前に立地し、本堂、三解脱門(さんげだつもん)とともに門前から境内に向かう軸線を形成する門で、東京市土木局建築課の設計によって昭和12(1937)年に再建されたものです。鉄骨鉄筋コンクリート造を採用しつつも、それまでの増上寺大門の意匠を踏襲することが試みられています。大規模な高麗門(こうらいもん)で、中央の開口は車道に、脇の開口は歩道に対応します。反りを伴った切妻屋根(きりづまやね)、繰形(くりかた)をもつ持送(もちおく)り、垂木(たるき)、六葉(ろくよう)等も木造さながらの表現となっています。施工は、安藤組です。

戦災を免れ、竣工から80年が経過すること、地域の象徴であること、増上寺正門としての歴史的意味を持つことから重要な建造物です。

有形文化財[歴史資料]
倉松屋嘉兵衛町屋敷絵図 1点

芝5丁目28番4号 港郷土資料館

芝5丁目28番4号 港郷土資料館

倉松屋嘉兵衛(くらまつやかへえ)の求めに応じて、棟梁(とうりょう)の喜三郎常昌(きさぶろうつねまさ)が作成した町屋敷の絵図で、「文政十二年正月吉日改ル之」の記載から、文政12(1829)年の作図であることが分かります。描かれている範囲は、現在の浜松町二丁目7番・11番・12番・13番に相当します。発注者の倉松屋嘉兵衛は江戸時代の材木商です。

現在確認できたところでは、江戸時代の港区域の町屋が詳細に描かれている絵図は他になく、また江戸市中の材木商の町屋を描いた絵図も知られていません。本絵図は、当時の町屋の建物や材木商の店の様子を知る上で貴重です。

東京文化財ウィーク

「文化財保護強調週間」に合わせて東京都が平成10年度から実施している「東京文化財ウィーク」は、都内全般で一斉に文化財を公開し、関連する企画事業をあわせて実施するものです。平成29年度も都内各所で貴重な文化財の特別公開や各種事業が行われます。

区内では公開事業14件と企画事業3件が実施されます。この期間だけ公開される文化財も都内には多数あります。この機会に貴重な文化財に触れてみませんか。

公開日時等はそれぞれ異なりますのでご注意ください。詳しい内容を記した「特別公開・通年公開ガイド」「企画事業ガイド」の小冊子を配布しています。ご利用ください。

配布場所 

港郷土資料館・各港区立各図書館・各総合支所

※部数に限りがありますので、在庫がなくなり次第配布を終了します。ご了承ください。

区内公開事業

国指定史跡:旧新橋停車場跡、品川台場

国指定名勝:旧芝離宮庭園

国指定重要文化財:明治学院インブリー館、都立中央図書館蔵江戸城造営関係資料(甲良家伝来)、旧台徳院霊廟惣門(たいとくいんれいびょうそうもん)、武家屋敷門

国登録有形文化財:妙定院熊野堂(みょうじょういんくまのどう)、同上土蔵(かみどぞう)、心光院表門、同本堂

都指定天然記念物:高輪地区総合支所内旧細川家のシイ、芝東照宮のイチョウ

都指定有形文化財:増上寺経蔵(きょうぞう)

区内企画事業

  • 東京都立中央図書館 東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁共催「幕末の大奥と明治の皇城-和宮と昭憲皇太后-」
    11月12日(日曜)まで
  • 鉄道博物館収蔵資料展 会場:旧新橋停車場鉄道歴史展示室
    11月5日(日曜)まで
  • 旧芝離宮恩賜庭園(しばりきゅうおんしていえん)「小さい秋みぃつけた!」演奏会等の催しを開催
    11月5日(日曜)まで

問い合わせ

  • 港郷土資料館
    電話:03-3452-4966

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036