• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年11月 > 広報みなと2017年11月1日号 トップページ > 広報みなと2017年11月1日号 子育て・子ども関連情報 「養育家庭」 あなたも里親になりませんか

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

広報みなと2017年11月1日号
子育て・子ども関連情報
養育家庭
あなたも里親になりませんか

都にはさまざまな事情で、実家族から離れて暮らす0歳から18歳までの子どもが、約4,000人います。このうち、約9割は児童養護施設や乳児院等の施設で生活をしています。

里親「養育家庭」制度は、健やかな育ちの場を求める子どものための公的な制度です。乳幼児期に特定の養育者と安定した関係を築くことは、子どもたちの社会性を育み、人格形成に大きな影響があります。子どもたちを、ご家庭に迎えて養育してくださる人を必要としています。

里親の種類

里親には次の4つの種類があります。

(1)養育家庭

さまざまな事情により家族と暮らせない子どもを一定期間、自分の家庭で養育する里親です。

(2)専門養育家庭

養育里親のうち、虐待、非行、障害等の理由により専門的な援助を必要とする子どもを養育する里親です。

(3)親族里親

実親が死亡、行方不明等により養育できない場合に、祖父母等の親族が子どもを養育する里親です。

(4)養子縁組里親

養子縁組によって、子どもの養親となることを希望する里親です。

申し込み資格

都内にお住まいで、25歳以上65歳未満のご夫婦(養子縁組里親は、25歳以上50歳未満のご夫婦が対象)。配偶者がいない場合は、児童の養育経験や一定の資格があること、かつ20歳以上の家族が同居している人。居室が2室10畳以上あること等

養育に係る費用

里親には養育費として、子どもの生活費、学校教育費、里親手当、子どもの医療費等が支給されます。

養育に必要な支援

子ども家庭支援センターと児童相談所が連携し、養育家庭への支援を行います。事前の研修では養育家庭に必要な知識を学びます。

また、安心して養育ができるように、日常的な疑問や悩みを電話や訪問で相談できます。一時預かり等地域の社会資源情報を紹介します。

里親「養育家庭」に興味・関心がある人へ

区では、一人でも多くの子どもたちが温かい家庭的な雰囲気の中で育まれ生活できるように、都と連携して里親「養育家庭」の普及に努めています。

ご相談やお問い合わせは、子ども家庭支援センターにご連絡ください。

問い合わせ

  • 子ども家庭支援センター相談担当
    電話:03-6400-0091

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036