• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年11月 > 広報みなと2017年11月1日号 トップページ > 広報みなと2017年11月1日号 障害者関連情報 障害者差別解消法をご存じですか 障害のある人もない人も、ともに生きる地域社会をめざして

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

広報みなと2017年11月1日号
障害者関連情報
障害者差別解消法をご存じですか
障害のある人もない人も、ともに生きる地域社会をめざして

平成28年4月に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」では、全ての人が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現をめざしています。

この法律は、行政機関等や民間事業者に対し、障害を理由とする「不当な差別的取扱いを禁止」するとともに、「合理的配慮の提供」を求めています。

地域全体で障害を理由とする差別をなくし、障害のある人もない人も、共に生きる地域社会の実現をめざしましょう。

不当な差別的取扱い

正当な理由なく、障害があることを理由として、サービスの提供を拒否したり、制限したり、また、障害のない人には付けない条件を付けたりすることは、不当な差別的取扱いとなります。

不当な差別的取扱いの例

  • 障害があるという理由だけで、店への入店を断る。
  • 障害があるという理由だけで、アパートへの入居を断る。

合理的配慮の提供

障害のある人から、困っていることを取り除いてほしいと求められたとき、負担が重すぎない範囲で、その解決に向けて、その人の障害にあったやり方や必要な工夫をすることを合理的配慮の提供といいます。

合理的配慮の提供の例

  • 段差がある場合に車椅子利用者にキャスター上げ等の補助をする。
  • 筆談、読み上げ、手話等の手段を用いて説明等を行う。

法の規定

 

不当な差別的取扱い

合理的配慮の提供

行政機関等

禁止

法的義務

民間事業者

禁止

努力義務

マンガで知ろう「障害者差別解消法」

子どもたちの障害者差別解消法の理解促進のために啓発マンガ「みなとも」を作成しました。

4こまマンガを通して、障害者差別解消法の内容や配慮事例を分かりやすく紹介しています。

障害者福祉課(区役所2階)で配布している他、港区ホームページでご覧いただけます。

「みなとも」表紙

「みなとも」表紙

問い合わせ

  • 障害者福祉課障害者福祉係
    電話:03-3578-2458、ファックス:03-3578-2678

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036