• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2017年 > 広報みなと2017年11月 > 広報みなと2017年11月11日号 トップページ > 広報みなと2017年11月11日号 飼い犬の登録と狂犬病予防注射を忘れずに

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年11月11日

広報みなと2017年11月11日号
飼い犬の登録と狂犬病予防注射を忘れずに

狂犬病は過去の病気ではありません

狂犬病は、人を含め全ての哺乳類に感染し、発症するとほぼ100パーセント死に至る恐ろしい病気です。今も一部の地域(オーストラリア等)を除く世界中で狂犬病が発生しており、年間5万人以上の人が亡くなっています。平成25年7月に、台湾で狂犬病に感染している野生のイタチアナグマが52年ぶりに発見され、パニックになりました。日本では狂犬病の恐ろしさが忘れられつつありますが、決して過去の病気ではありません。

海外に行くときは、不用意に狂犬病が疑われる動物に手を出さないように注意しましょう。もし、狂犬病が疑われる動物にかまれたり引っかかれたりしたときは、すぐに傷口をきれいな水と石けんで洗い、現地で医師の治療を受けてください。

狂犬病を予防するために

日本では、狂犬病予防法により、犬を飼い始めた時の登録(生涯に1度)と年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。登録時には犬鑑札、狂犬病予防注射を受けた後には注射済票を発行します。鑑札と注射済票は、飼い犬に着けておくことが法律で義務付けられています。守らなかった場合、20万円以下の罰金に処せられます。

飼い犬の登録

申請窓口で登録の申請を行い、鑑札の交付を受けてください。鑑札を紛失したときは、再交付の申請をしてください。

狂犬病予防注射はお済みですか

動物病院で狂犬病予防注射を受け、獣医師の発行する「狂犬病予防注射済証」を申請窓口にお持ちください。注射済証は平成29年3月2日以降に狂犬病予防注射を受けたものに限ります。

病気等の健康上の理由により、狂犬病予防注射を受けられないと獣医師が判断した場合は、動物病院で発行された「猶予証明書」を持って、申請窓口へお越しください。注射済票は交付できませんが、注射猶予犬として台帳に登録します。

申請窓口

各総合支所区民課保健福祉係

申請手数料

手数料は現金のみの取り扱いです。

飼い犬の登録

3,000円(鑑札の再交付は1,600円)

注射済票交付

550円(済票の再交付は340円)

こんなときは届け出を

  • 犬を連れて港区に転入した場合
  • 犬を譲り受けた場合
  • 区内で転居した場合
  • 飼い犬が死んだ場合
  • 飼い犬が人にけがをさせた場合
  • 犬にけがを負わされ、被害届を出したい場合(任意)

問い合わせ

  • 各総合支所区民課保健福祉係
    • 芝地区
      電話:03-3578-3161
    • 麻布地区
      電話:03-5114-8822
    • 赤坂地区
      電話:03-5413-7276
    • 高輪地区
      電話:03-5421-7085
    • 芝浦港南地区
      電話:03-6400-0022
  • みなと保健所生活衛生課生活衛生相談係
    電話:03-6400-0043

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036