• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年3月 > 広報みなと2018年3月11日号 トップページ > 広報みなと2018年3月11日号 3.11東日本大震災の発生から7年 -東日本大震災の教訓を忘れることなく、より災害に強い港区をつくります-

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月11日

広報みなと2018年3月11日号
3.11東日本大震災の発生から7年
-東日本大震災の教訓を忘れることなく、より災害に強い港区をつくります-

東日本大震災が発生してから、7年が経過しました。区は、これまで、被災地への職員派遣や救援物資の輸送、物産展の開催など、様々なかたちで支援を続けてまいりました。

被災地の復興は着実に進んでいますが、現在も、仮設住宅への入居など、避難生活を余儀なくされている方が大勢いらっしゃいます。今後も、被災地支援を継続し、連携をより強固なものとしてまいります。

区は、東日本大震災を教訓に、発生が懸念される首都直下地震に備え、区の特性に応じた様々な災害対策を進めています。

約9割の区民が共同住宅に居住し、なかでも、約700棟ある高層住宅(6階以上かつ50戸以上)において多くの方が暮らしています。このことから、高層住宅における共助体制の強化を目的として、各高層住宅の防災対策の取組状況を一目で把握できる防災カルテを作成し、区職員が高層住宅の管理者を直接訪問するほか、防災組織に対する防災資器材助成を行っています。

また、公共交通機関のターミナル駅やその周辺では、多くの人が滞留し混乱が生じることが想定されることから、従業員等の一斉帰宅の抑制や帰宅困難者の一時滞在施設の確保などについて、地域の事業者などによる駅周辺滞留者対策推進協議会や防災関係機関・事業者と協議し、相互に連携協力する仕組みづくりを進めています。

区は、引き続き、区民の生命・安全を守ることを最優先に、あらゆる防災対策を積極的に進めてまいります。

港区長
港区長 武井雅昭サイン

防災を「忘災」にしないために ~「備え」の再確認を~

東日本大震災後、我々の防災意識は高まりましたが、月日がたち、いつの間にか「忘災」になってしまっていないでしょうか。

災害は、いつ発生するか分かりません。この機会に、改めてご家庭の防災対策を見直し、万全に備えておきましょう。

家の中を安全にする

近年発生した地震でけがをした人のうち、3割から5割は家具類の転倒・落下によるものでした。大型家具を固定したり、家具の配置を工夫したりして、家の中をより安全で安心できる場にしましょう。

※詳しくは、「震災時に自宅でけがをしない住まいをつくりましょう」をご覧ください。

ガラス飛散防止フィルム

ガラス飛散防止フィルム

家具転倒防止器具

家具転倒防止器具

家族で備える

災害時の近隣の危険箇所や地域集合場所、区民避難所等を確認しておきましょう。併せて災害時の家族の連絡方法を決めておきましょう。

食料や水等の備蓄品は最低でも3日分、高層住宅においては7日分の準備をしておきましょう。

災害時のための備蓄

災害時のための備蓄

携帯トイレ

携帯トイレ

地域で備える

大規模な災害が発生した場合、行政機関だけでは十分に対応することができません。阪神・淡路大震災では、救出された人たちの約9割が、家族や地域の人々により救出されたといわれています。地域ぐるみで備えることが重要です。

災害による被害を最小限にするために、再度、ご家庭の「備え」の確認をお願いします。そのための第一歩は、過去の教訓から学び、そして、忘れないことです。

地域の防災訓練の様子

地域の防災訓練の様子

区内の緊急情報をメールやアプリで配信しています

災害時には、最新で正しい情報を入手することが重要です。

区では、区民の皆さんの携帯電話等に情報を正確にお届けするため、防災情報メールや防災アプリを提供しています。

災害時のみならず、平常時からの注意情報の取得等にも活用できますので、ぜひご利用ください。

ご利用方法

港区ホームページをご覧ください。

配信情報

  • 水位情報(古川の水位)
  • 雨量情報(区内の降雨量)
  • 地震情報(震度、震源等)
  • 気象警報・注意報
  • 津波情報(津波警報等)
  • 国民保護情報(ミサイル攻撃等)
  • 防災気象情報(土砂災害警戒情報等)
  • その他緊急情報(避難勧告の発令や避難所の開設情報等)

港区防災アプリ

AppStoreまたはGooglePlayから、「港区防災アプリ」を検索し、ダウンロードすることができます。

また、次の二次元コードからもダウンロードできます。

ダウンロード後、「各種設定」→「配信情報種別の選択」を選び、受信する情報を選択してください。

※事前に、港区防災アプリからのプッシュ通知の受信を許可してください。

注意事項

  • メールの送受信やアプリのダウンロードにかかる通信料は、利用者の負担になります。
  • 港区防災アプリはスマートフォンのみの対応となります。
AppStore

AppStore

GooglePlay

GooglePlay

防災アプリメニュー画面 防災アプリイメージ

問い合わせ

  • 防災課防災係
    電話:03-3578-2541

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036