• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月11日

広報みなと2018年3月11日号
写真今昔物語 第43話

芝商店会

芝2丁目は第一京浜に面していて、オフィスビルやマンション、短期大学、小学校等がある、落ち着いた雰囲気のまちです。そんな芝2丁目を中心とした商店街「芝商店会」は、辛い料理が楽しめる「芝辛・激辛ストリート」としてメディアにもよく登場します。「うちの店でも激辛たい焼きを開発して販売しています。香辛料の匂いが染みついてしまうので、他のたい焼きとは鉄板を分けなきゃいけないんですよ」と、芝商店会の金子全宏会長はにこやかに話します。

「ここで和菓子屋をやって3代になります。昔は線路の向こうの芝浦に花街があったので、進物用のお菓子の需要があったんですよ。私が子どもの頃は、近くの芝新堀町児童遊園にある芝不動尊で定期的に開かれていた縁日によく行っていました。母に小遣いをもらって露店のたこ焼き、お好み焼き、焼きそばを食べ歩くのが楽しかったものです」と懐かしむ金子会長。「この写真が撮られた昭和62(1987)年頃の商店会は、土曜日をサービスデーにしていました。人がいっぱいで、肩がぶつかり合うくらいのにぎわいでしたね」

バブルの頃には土地を売って出ていく人も多かったそうです。「うちは、先代が売却を断りました。親が店を興した思い出の地だったからでしょう」。芝商店会の良いところは「会員同士の絆が強く、協力し合ってまちを盛り上げる雰囲気があるところ」と言います。「イベントのときは皆、自発的に集まってきて、わいわいと楽しくやるんですよ。名前も、互いにちゃん付けで呼び合うのが普通ですし。私は姓をもじって、ねこさんと呼ばれています」と金子会長は、楽しそうに語ってくださいました。

昭和62(1987)年

昭和62(1987)年

平成30(2018)年

平成30(2018)年

※写真の無断転載を禁じます。

お話しくださった人

金子 全宏さん

芝商店会会長
金子 全宏さん

今回が最終回です。5月号から新たにコラムを始める予定です。ぜひご覧ください。

  • 区長室広報係
    電話:03-3578-2036

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036