• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年3月 > 広報みなと2018年3月21日号 トップページ > 広報みなと2018年3月21日号 港区と全国をつなぐコーナー 第8回 北海道礼文(れぶん)郡礼文町

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月21日

広報みなと2018年3月21日号
港区と全国をつなぐコーナー
第8回 北海道礼文(れぶん)郡礼文町

高山植物が咲き誇る「花の浮島」

礼文島は北海道の北部、日本海上に位置する周囲約72キロメートルの細長い島です。北方領土を除き、人が住む島としては日本最北端で、アイヌ語の「レプン(沖の)・シリ(島)」が地名の語源となっています。北緯45度という立地と、大陸からの冷たい風がつくり出す自然環境のため、本州では標高2,500メートル以上に生息する高山植物が、礼文島では低地でも見ることができます。固有種・希少種等、約300種の高山植物が咲き誇ることから「花の浮島」という別名もあります。

「5月に島の代表的な花、レブンアツモリソウが咲き始めると、花の季節の訪れを感じます」と礼文町役場総務課の笹森厚志さん。「島には何本ものトレッキングルートがあり、美しい花を間近で眺めることができます」

礼文町は、北海道宗谷町村会の一員として、みなと区民まつりに2年連続で出展する等、港区との関係を深めています。平成29年10月から11月には、みなとパーク芝浦で開催した「北海道宗谷町村会『MINATO出張所』」に参加し、町をPRしました。

礼文町の名産は豊富な海産物です。昆布、ホッケ、タラ等がありますが、有名なのがウニです。4月からはキタムラサキウニ、6月からはエゾバフンウニが食べごろとなります。「ウニが苦手な人が、礼文で食べてから好きになったという話もあります。採れたてのウニは甘くてクセがありません」

島南部には、平成24年公開の映画「北のカナリアたち」のロケ現場を生かした「北のカナリアパーク」があります。丘の上には撮影用に建てられた小さな小学校の校舎があり、晴れた日には隣の利尻島の利尻山がくっきりと望めます。「島には温泉もあります。自然に触れた後は温泉につかり、海の幸を味わってください」と笹森さんは話してくれました。

澄海岬

澄海(すかい)岬

バフンウニを使ったウニ丼

バフンウニを使ったウニ丼

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036