• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年4月 > 広報みなと2018年4月1日号 トップページ > 広報みなと2018年4月1日号 4月から骨髄移植ドナー支援事業が始まりました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

広報みなと2018年4月1日号
4月から骨髄移植ドナー支援事業が始まりました

骨髄移植や末梢(まっしょう)血幹細胞移植は、白血病等の病気によって正常な造血が行われなくなってしまった人の造血幹細胞の造血機能を回復させる治療法です。全国で毎年2,000人程度が骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要としています。区ではドナー登録者を増やし、一人でも多くの尊い命を救うため、4月から骨髄または末梢血幹細胞の提供者(ドナー)とドナーが勤務する事業者に助成金を交付します。

対象

(1)骨髄等の採取に伴う入院期間において港区に住所を有する人

(2)ドナーを雇用する国内の事業者(国・地方公共団体・独立行政法人を除く)

助成額

次の骨髄・末梢血幹細胞提供のための通院・入院等に要した日数に応じ、ドナーは1日当たり3万円、ドナーを雇用する事業者は1日当たり1万円を交付します(ただし、1回の提供につき通算7日間を限度とします)。

(1)健康診断のための通院

(2)自己血貯血のための通院

(3)骨髄等の採取のための入院

(4)その他区長が特に必要と認める行為のために要した通院・入院・面接

申請方法

次の書類を、郵送または直接、保健予防課保健予防係へ。

※申請は、骨髄等の提供のための入院をして退院した翌日から1年以内に行ってください。

申請書類

ドナー

(1)港区骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書(ドナー用)

(2)公益財団法人 日本骨髄バンクが発行する証明書(対象となる日数が確認できるもの)

事業者

(1)港区骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書(事業者用)

(2)ドナーとの雇用関係を証明するもの

※申請書は保健予防課で配布する他、港区ホームページからダウンロードもできます。

審査結果の通知

審査を行い、申請者に交付の可否を通知します。交付決定通知が届いたときは「助成金交付請求書」をご提出ください。助成金をドナーまたは事業者の指定口座に振り込みます。

ドナー登録について

ドナー登録の際には、骨髄提供等の内容をよく理解していただく必要があります。詳しくは、公益財団法人 日本骨髄バンクホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
電話:03-5280-1789(一般問い合わせ窓口)

※みなと保健所ではドナー登録ができませんのでご注意ください。

問い合わせ・申し込み

  • 〒108-8315 みなと保健所保健予防課保健予防係
    電話:03-6400-0080

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036