• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年4月 > 広報みなと2018年4月11日号 トップページ > 広報みなと2018年4月11日号 港区地域保健福祉計画、港区高齢者保健福祉計画(第7期港区介護保険事業計画)、港区障害者計画・第5期港区障害福祉計画(第1期港区障害児福祉計画)を策定しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年4月11日

広報みなと2018年4月11日号
港区地域保健福祉計画、港区高齢者保健福祉計画(第7期港区介護保険事業計画)、港区障害者計画・第5期港区障害福祉計画(第1期港区障害児福祉計画)を策定しました

港区地域保健福祉計画

区では平成27年度から平成32年度の6年間を計画期間とする「港区地域保健福祉計画」を策定し、区民の健康づくり、福祉の増進に取り組んできました。

全国的に人口の減少が進む中にあって、区では全ての世代において人口の増加が見込まれています。人口増加に伴う行政需要や近年の社会経済情勢、法制度の改正等を踏まえ、より地域で安心できる快適な暮らしを実現するために計画を見直し、平成30年度から平成32年度の3年間を後期計画として改定しました。

子どもたちの健やかな育ちを実現するための支援、高齢者や障害者が安心して住み続けられるための支援をはじめ、保健福祉を取り巻くさまざまな区民の生活課題を解決し、区民が、生涯を通じて、ともに健やかに安心して、生き生きと自立して暮らすことのできる支え合いのネットワークで結ばれた、やさしい地域社会の実現に向けて取り組んでいきます。

港区高齢者保健福祉計画(第7期港区介護保険事業計画)

団塊の世代が全て75歳以上となる平成37年、またその先の将来を見据え、「地域包括ケアシステム」の更なる推進と、持続可能な介護保険制度の運営により、地域の実情に応じた高齢者の増加への対応や、介護サービスの一層の充実が求められています。

平成27年度からの6年間を計画期間とする港区高齢者保健福祉計画の中間の見直しを行い、平成30年度から平成32年度の3年間を後期計画として改定をするとともに、平成32年度までの3年間を計画期間とする第7期港区介護保険事業計画の策定に合わせ一体の計画として改定しました。

 高齢者が自分らしく元気でいきいきと生活することができ、住み慣れた地域で支え合い、ひとり暮らしや介護が必要な状況にある人も安心して暮らせるよう、区は、区民とともに地域の多様な活動主体と手を携えて、全ての人々が地域、暮らし、いきがいを共に創り、高め合うことができる「地域共生社会」の実現に向けた基盤づくりに取り組みます。

港区障害者計画・第5期港区障害福祉計画(第1期港区障害児福祉計画)

区の人口増加に伴い、障害者数も増加傾向にあります。障害者を取り巻く環境についても、平成28年4月には障害者差別解消法が施行され、平成29年度には、障害福祉サービスを受けることができる難病の対象疾病数も拡大されました。
こうした状況を踏まえ、これまでの取り組み状況や、障害者の生活状況、ニーズ等を踏まえ、計画期間を平成30年度から平成32年度とした港区障害者計画の改定および第5期港区障害福祉計画を策定しました。合わせて、第5期港区障害福祉計画の中に、児童福祉法の改定に基づく第1期港区障害児福祉計画を包含した、一計画として策定しました。

障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重される地域社会の実現に向けて、障害者が身近な地域で自立して生活できる施策を推進します。

閲覧場所

各計画は、保健福祉課(区役所2階)、高齢者支援課(区役所2階)、介護保険課(区役所2階)、障害者福祉課(区役所2階)、子ども家庭課(区役所7階)、区政資料室(区役所3階)、みなと保健所、各総合支所管理課、各港区立図書館、各いきいきプラザ、障害保健福祉センターの他、港区ホームページからもご覧いただけます。

各施策の重点施策と主な事業

施策 重点施策 主な事業
子ども・
子育て支援
・就学前児童の総合的な施策の推進
・子どもの健やかな成長を支援する総合的な施策の推進
・子どもの権利擁護を重視した環境づくり
・全ての子どもが健全に成長できる家庭環境づくりの支援
・子どもの未来を応援する施策の推進
・子ども・子育て支援に関するネットワークづくりの推進
●保育施設の充実
●保育従事職員の確保・定着の支援
●(仮称)港区立元麻布保育園における医療的ケア児、重度障害児への保育サービスの実施
●学童クラブ事業の充実
●(仮称)港区子ども家庭総合支援センターの整備
●教育・学習の支援(子どもの未来を応援する施策)
高齢者 ・心豊かに充実した生活の支援
・健康で自立した生活の支援
・地域で安心して暮らせる基盤の整備
・安心して住み続けられる住まいの確保・支援
・在宅生活を支えるサービスの充実
●介護予防リーダーの活動支援
●生活支援体制整備事業の推進
●認知症早期発見の推進
●日常生活用具の支援
●介護サービスの充実
障害者 ・障害者が安心して暮らせる社会の実現
・障害のある子どもへの支援
・地域における自立生活を支える仕組みづくり
・障害者が特性に応じて就労できる仕組みづくり
・サービスの質の確保・向上
●放課後等の余暇活動等の場の整備
●障害者支援施設(入所施設)の整備
●障害者グループホームの充実
●精神障害者地域活動支援センターの改築
●事業者への実地指導体制の整備・強化
健康づくり・
保健
・健康づくりの積極的支援
・支え合いによる地域保健機能の強化
・安心できる地域保健・医療体制の推進
・がん対策の強化推進
・健康危機管理機能の強化
・感染症対策の強化推進
・快適で安心できる生活環境の確保
●こころの病気の人を地域で支える仕組みづくり
●地域包括ケアシステムの構築・推進
●宿泊施設の衛生指導、無許可営業施設に対する対策強化
生活福祉 ・低所得者の生活の支援及び自立施策の充実 (子どもの未来を応援する施策)
●教育・学習の支援
●生活環境の安定の支援
●経済的安定の支援
地域福祉
推進の
ために
・地域福祉の総合的推進と新たなつながりの構築による支え合いの促進
・地域包括ケアシステムの構築から実現に向けた取組の促進
●公衆浴場の活用と振興推進
●多機関連携の推進・強化
●在宅医療と介護連携の推進
●成年後見制度の理解と利用の促進

問い合わせ

  • 港区地域保健福祉計画について
    保健福祉課地域保健福祉担当

    電話:03-3578-2377
  • 港区高齢者保健福祉計画(第7期港区介護保険事業計画)について
    高齢者支援課高齢者福祉係

    電話:03-3578-2391
  • 港区障害者計画・第5期港区障害福祉計画(第1期港区障害児福祉計画)について
    障害者福祉課障害者福祉係

    電話:03-3578-2386

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036