• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年4月 > 広報みなと2018年4月21日号 トップページ > 広報みなと2018年4月21日号 中小企業の仕事と家庭生活の両立を支援します

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年4月21日

広報みなと2018年4月21日号
中小企業の仕事と家庭生活の両立を支援します

区は、性別にかかわらず誰もが仕事と子育てや介護を両立できる職場環境づくりを支援するため、区内に本社のある中小企業で一定の要件を満たす事業主に対し、奨励金を交付しています。ぜひご活用ください(参照)。

交付要件・申請に必要な書類等詳しくは、港区ホームページをご覧ください。

表 仕事と家庭の両立支援事業の概要

奨励金の種類

交付金額

主な交付要件

子育て支援奨励金

15万円

従業員が、育児休業を6カ月以上取得し、かつ雇用保険法に定める育児休業給付金の支給を受けていること

配偶者出産休暇制度奨励金

10万円

平成16年4月1日以後、配偶者の出産に際して取得できる休暇制度(配偶者出産休暇制度)を就業規則等に新たに規定し、実施していること

介護支援奨励金

15万円

従業員が、介護休業を1カ月以上取得し、かつ雇用保険法に定める介護休業給付金の支給を受けていること

男性の子育て支援奨励金

10万円

男性従業員が次のいずれかを取得をしていること

(A)育児休業を継続14日以上

(B)育児のための短時間勤務(育児短時間勤務)を継続1カ月以上

男性の介護支援奨励金

10万円

要介護状態にある対象家族1人に対して、男性従業員が次のいずれかを取得していること

(A)介護休業を継続7日以上

(B)介護休暇を1年間に3日以上(半日もしくは時間単位でも取得できる場合は、その合計が3日以上)

(C)介護のための短時間勤務(介護短時間勤務)を継続1カ月以上

問い合わせ

  • 総務課人権・男女平等参画係
    電話:03-3578-2014

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036