• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年5月 > 広報みなと2018年5月21日号 トップページ > 広報みなと2018年5月21日号 6月3日を「港区安全の日」とします

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

広報みなと2018年5月21日号
6月3日を「港区安全の日」とします

港区安全の日について

平成18年6月3日、区立住宅シティハイツ竹芝で、エレベーターの扉が開いたまま上昇するという不具合による事故が発生し、同住宅に居住する当時16歳の高校生が亡くなりました。
区は、この重大事故を受けて、港区シティハイツ竹芝事故調査委員会を設置し、事故原因の究明を行うとともに、エレベーターをはじめとした区有施設の安全対策の強化に取り組んできました。また、ご遺族が区やエレベーター事業者を相手として起こされていた民事訴訟については、平成29年11月24日に和解が成立しました。
区は、事故が発生した6月3日を、シティハイツ竹芝エレベーター事故を風化させることなく、区民全体がエレベーター等の安全対策について考える日としていくとするご遺族との約束を踏まえるとともに、安全・安心を最優先していくという区の姿勢が今後も変わらないことを示すため、6月3日を港区安全の日とすることとしました。

港区安全の日の目的

  1. エレベーター事故を、風化させないように区民及び区職員がエレベーターをはじめ広く安全について考える機会とします。
  2. 港区安全の日を定めることで、安全に対する区の姿勢が今後も不変であることを区の内外に示します。

区は、港区安全の日を中心として、区有施設、民間施設を問わず、エレベーター等の安全対策に主体的に取り組むことで、二度とこうした事故が起きることがないよう、今後も安全・安心の確保を推進していきます。
区民の皆さんも、毎年6月3日を身近な施設や設備の安全について考えていただく機会とされるようお願いします。

エレベーター等の安全対策についての区の取り組み

(1)戸開走行保護装置設置についての取り組み

区は平成25年度から、戸開走行保護装置(※)が未設置の区有施設エレベーターについて、計画的に装置の設置を進めています。対象となっている103台のうち、平成29年度末現在で90台について戸開走行保護装置の設置を完了しています。

※戸開走行保護装置とは、エレベーターの扉が開いたまま動く戸開走行事故を防ぐため、二重ブレーキやかごの移動を感知する仕組みを備えた装置です。建築基準法施行令の一部改正により、平成21年9月28日以降、新たに設置されるエレベーターには戸開走行保護装置の設置が義務付けられています。

(2)区有施設の安全対策の強化

全ての区有施設では、毎年4月から5月に、施設管理を担当する職員が定められた点検項目に沿って、区有施設安全総点検を行っています。平成29年度には、566施設について点検を行い、1,267カ所の不具合を発見し、修繕等の対応を行いました。また、事故発生時の施設職員の対応力向上や情報連絡体制の確認を目的として、平成29年度からは、エレベーター閉じ込め事故発生を想定した通報、救助訓練を行っています。

(3)庁内の緊急連絡体制の整備と職員研修による取り組み

ア 全庁的な緊急時連絡網の点検を行った他、夜間・休日を含め24時間体制で幹部職員に情報伝達されるよう連絡網を整備しました。

イ 各種の職員研修に危機管理のカリキュラムを追加した他、職員がエレベーター保守会社の施設で実機の構造を確認しながら、仕組みを学ぶ研修を行っています。さらに、エレベーター事故の風化防止のため、事故後に採用した職員を対象に事故原因や区の対応等について研修を行っています。

区民の皆さんへ(マンションエレベーター安全装置等設置助成制度について)

港区安全の日は、区民の皆さんにもエレベーター等の施設、設備の安全について考えていただく日です。
普段は、意識することなく利用している施設でも、小さな損傷や不具合が思わぬ大きな事故につながるかもしれません。自分の身の回りを「安全」の視点で確認し、気づいたことがあった時は、修繕を行ったり、施設の管理者に伝えたりする等の対応をお願いします。
なお、区では、民間を含めたエレベーターでの事故を防止するため、区内の民間マンションのエレベーターに戸開走行保護装置等の安全装置等を設置する費用の一部を助成する制度を設けています。

助成制度の問い合わせ

建築課建築設備担当

電話:03-3578-2300・2301

「6.3安全な社会づくりを目指して~港区安全の日制定記念~」開催のお知らせ

エレベーター事故を風化させず、今後の安全対策等に生かしていくための講演会を開催します。これは、ご遺族とその支援者からなる赤とんぼの会と港区が共催するものです。皆さんの参加をお待ちしております。

対象 どなたでも
とき・ところ

6月3日(日曜)障害保健福祉センター

献花 午後1時から7時:竹芝小記念ホール(7階)
式典・講演 多目的体育室(6階):午後2時30分から5時(午後2時から受け付け)

講演講師

前川 雄司(まえかわ ゆうじ)さん(弁護士)

柳田 邦男(やなぎだ くにお)さん(ノンフィクション作家)

定員

250人(会場先着順)

申し込み

当日直接会場へ。

費用

無料

主催

赤とんぼの会・港区

交通

    障害保健福祉センター
  • ちぃばす芝ルート「金杉橋バス停」徒歩3分
  • 都バス「金杉橋バス停」徒歩3分
  • JR・東京モノレール「浜松町駅」徒歩10分
  • 地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」徒歩7分
  • 地下鉄三田線「芝公園駅」徒歩10分

問い合わせ

  • 防災課施設安全担当
    電話:03-3578-2158

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036