• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年6月 > 広報みなと2018年6月1日号 トップページ > 広報みなと2018年6月21日号 子育て・子ども関連情報 みんなと里親プロジェクト① 全ての子どもに家庭のぬくもりを

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年6月1日

広報みなと2018年6月1日号
子育て・子ども関連情報
みんなと里親プロジェクト 全ての子どもに家庭のぬくもりを

第1回 養子縁組を前提としない里親について

私たちの身近な地域には、保護者の家出・離婚・病気等、さまざまな事情で親と一緒に暮らせない子どもたちがいます。
このような子どもたちが、温かい家庭で安心して育つことができるように、実親に代わって、家庭に迎え入れて育てる仕組みが里親制度です。
区では、里親制度への理解を広げる活動をしています。これから4回のシリーズで、里親制度についてご紹介します。第1回目は、養子縁組を前提としない里親について紹介します。

里親等の種類(養子縁組を前提としないもの)

養育里親

養子縁組を目的とせずに、一定期間(18歳までの長期間・2カ月以内の短期間・一時的)子どもを養育する家庭。都では「養育家庭」と呼んでいます。

親族里親

子どもの扶養義務者等の親族からなる家庭

専門養育家庭

専門的ケアを必要とする子どもを養育する家庭

フレンドホーム

施設等に暮らす子どもを夏休み等の短期間養育する家庭

里親になるには次の要件を満たさなければなりません

(1)子どもの最善の福祉を大切にしていること

(2)温かい家庭で、家族全員が子どもを受け入れ養育することを理解していること

(3)子どもを養育できる家庭および住居の環境があること

(4)都内在住で25歳以上65歳未満の夫婦であること。配偶者がいない場合は、保育士等の資格があり、20歳以上の同居家族がいること

※この他にも要件があります。
次回は、「養子縁組」および「特別養子縁組」についてお伝えします。
里親制度をさらによく知りたい、里親になりたい等の相談がある場合は、お問い合わせください。

問い合わせ

  • 子ども家庭課児童相談所設置準備担当
    電話:03-3578-2177
  • 子ども家庭支援センター相談担当
    電話:03-6400-0091

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036