• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年6月 > 広報みなと2018年6月11日号 トップページ > 広報みなと2018年6月11日号 パラスポーツのなんだろな 東京2020パラリンピック競技大会に向かって(2)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年6月11日

広報みなと2018年6月11日号
パラスポーツのなんだろな 東京2020パラリンピック競技大会に向かって(2)

パラバドミントン

パラバドミントンは、東京2020パラリンピック競技大会で初めて、パラリンピックの正式競技となります。
ルールは、オリンピックのバドミントンとほぼ同じです。選手はネットを挟んで向き合い、シャトルを打ち合います。21点マッチ方式の3ゲームを行い、2ゲームを先取した方が勝ちとなります。パラバドミントンでは「車いす」と「立位」の2カテゴリーがあり、それぞれ障害の程度によって複数のクラスに分かれてメダルを争います。
パラバドミントンならではの見どころが詰まっているのは、車いすシングルスです。コートの半面を使用するため、攻撃のテンポが速く、試合の流れも変わりやすいのが特徴です。車いすの挙動を生かした落下地点への素早く正確なチェアワーク、対戦相手との駆け引き等、高い技術力とメンタルの強さが求められます。シャトルを打つ瞬間に胴体の一部が車いすと接していなければならず、ネットとネットに近いサービスラインの間に落ちたシャトルはアウトになる等、独自のルールも適用されます。
バドミントンは19世紀半ばにイギリスで誕生し、世界各地に伝わりました。世界バドミントン連盟(BWF)の管轄のもとパラスポーツでも発展し、2年に1度の世界選手権をはじめ、日本を含む各地で国際大会が開かれています。日本代表候補選手たちはシングルス、ダブルスで世界ランキング上位に入る等活躍しており、メダル獲得が期待されています。今後も、国内外でパラバドミントンの大会が開かれます。ぜひご覧ください。

「パラバドミントン」について

詳しくは、日本障がい者バドミントン連盟ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

© 2017 JPBF
車いす シングルス
 
© 2017 JPBF
立位(上肢)ダブルス

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036