• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年7月 > 広報みなと2018年7月1日号 トップページ > 広報みなと2018年7月1日号 夏だ!プールだ!元気な季節! マナーを守って気持ちよく泳ごう

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月1日

広報みなと2018年7月1日号
夏だ!プールだ!元気な季節!
マナーを守って気持ちよく泳ごう

近年、デング熱やジカ熱等の感染性の病気に注目が集まっています。感染性の病気の中には、プール熱や結膜炎等、プールでうつる病気もあります。大勢の人が利用するプールで思い切り楽しむためには、利用者全員がマナーを守ることが大切です。プールには注意事項が掲示されていますので、入場前によく読み、気持ちよく利用しましょう。

健康チェックを忘れずに

水泳は体への負担が大きいスポーツです。寝不足、風邪気味のとき、下痢や感染性の病気等のときは、プールの利用は控えましょう。無理に利用すると、本人の体に危険が及ぶだけでなく、他の利用者にも病気を感染させてしまう可能性もあります。

プールに入る前に必ずシャワーを浴びよう

プールの水をきれいに保つため、事前にトイレを済ませ、シャワーを浴びて、体の汚れ・化粧品・整髪料をよく洗い流してください。プール利用中にトイレに行った後も、シャワーを使用してください。

泳いでいるときも気を付けよう

(1)夏の炎天下では、気が付かないうちに体の水分を失っています。のどが渇いたと感じる前に、水分を補給しましょう。
(2)20分から30分を目安に休憩を取り、水から出て体を温めましょう。
(3)プール内では鼻をかんだり、唾やたんを吐いたりするのはやめましょう。

最後にもシャワーを浴びよう

プールの水は消毒してありますが、プール熱や結膜炎等の病気を防ぐため、利用後にはシャワーをよく浴び、うがいや手洗い、必要に応じて洗眼をしましょう。
また、タオルは自分専用のものを用意し、貸し借りをするのはやめましょう。
みなと保健所では、安心してプールをご利用いただくため、プールの設備や衛生管理の指導を行っています。また、施設で行った水質検査結果等の掲示を義務付けていますので、利用者もプールの状態を確認することができます。

問い合わせ

  • みなと保健所生活衛生課環境衛生指導係
    電話:03-6400-0042

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036