• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年9月 > 広報みなと2018年9月11日号 トップページ > 広報みなと2018年9月11日号 9月24日から30日は結核予防週間です

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

広報みなと2018年9月11日号
9月24日から30日は結核予防週間です

結核検診を受けましょう

結核は、結核菌によって主に肺に炎症を起こす感染症です。
結核がかつて「国民病」であった時代に罹(り)患した人が、現在高齢者となって免疫力が低下し発病するリスクが高くなっています。特に80歳以上の高齢者は、罹患率が全年齢層平均の5倍以上となるため、注意が必要です。
区では、毎年約30人の結核患者が新たに登録されています。60歳以上の人が約6割である一方、20代から30代の人も約1割を占めており、若いからといって安心はできません。
結核の発病は、定期的に結核検診を受けることで、早期の段階で発見することができます。
結核の早期発見・早期治療はご自身の健康のためだけでなく、大切な家族や職場の人等への感染拡大を防ぐためにも重要です。症状がなくても年1回は必ず定期的に検診(胸部エックス線検査)を受け、早期に結核を発見しましょう。
また、結核の症状は、せき・たん・発熱・倦(けん)怠感等で風邪と似ています。2週間以上せきやたんが続く場合は、「結核かもしれない」という意識をもって、医療機関を早めに受診しましょう。

結核検診

胸部エックス線検査を受ける機会は、区の健診、職場や学校での健康診断等がありますが、そのような機会のない人を対象に、みなと保健所では、結核検診を行っています。

対象

区内在住・在勤者

とき

午前9時から11時30分、午後1時から4時受け付け
※実施日は直接お問い合わせください。
※検診の2週間から3週間後に結果票を郵送します。

ところ

みなと保健所6階

内容

胸部エックス線検査、健康相談等
※診断書は交付できません。

費用

無料

申し込み

電話で、みなと保健所保健予防課保健予防係(平日午前9時から午後5時受け付け)へ。

問い合わせ

  • みなと保健所保健予防課保健予防係
    電話:03-6400-0081

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036