• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年9月 > 広報みなと2018年9月11日号 トップページ > 広報みなと2018年9月11日号 子育て・子ども関連情報 教育相談をご利用ください 子育てでお困りのことはありませんか

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

広報みなと2018年9月11日号
子育て・子ども関連情報
教育相談をご利用ください
子育てでお困りのことはありませんか

お子さんが、友人との人間関係から園や学校に行きたがらない、先生の指示が理解できず悩んでいる等の相談や、保護者の子育てや家庭教育の悩み等さまざまな相談をお受けしています。

教育相談室ってどんなところ

Q

相談者の対象年齢は何歳までですか。

A

18歳までです。

Q

親子で行った方がいいですか。

A

多くはそうですが、保護者のみの相談もお受けします。

Q

教育相談員はどんな人ですか。

A

心理学の専門家(臨床心理士)です。

Q

保護者の面接はどのようなことをしますか。

A

まず、現在何について困っているかを伺います。状況を整理し、改善に向けて一緒に考えます。必要に応じてアドバイスをしたり、他機関を紹介したりすることもあります。

Q

子どもの面接はどのようなことをしますか。

A

小学校中学年くらいまでは、遊戯療法(プレイセラピー)を行います。高学年以上は、保護者の面接と同じように対話が中心ですが、話すことが苦手な子どもの場合は、言葉以外の表現(絵を描く等)によって子どもの内面を理解し、受け止めていきます。

Q

相談内容が他に漏れることはありませんか。

A

相談された内容が漏れることはなく、秘密は守られます。他機関と連絡を取る場合は、保護者やお子さんに事前にお話をしています。

Q

心理検査や知能検査を受けることはできますか。

A

できます。まずは、電話でご相談ください。

申し込み

予約制です。電話でお申し込みください。
教育相談専用電話:03-5791-5682

※初回の相談、継続の相談共に時間は1回50分です。

開室時間

午前9時から午後5時(土曜・日曜、祝日、年末年始を除く)

場所

教育センター

教育センター(白金3丁目18番2号(旧三光小学校))

問い合わせ

  • 教育センター
    電話:03-5791-5661

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036