• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年9月 > 広報みなと2018年9月11日号 トップページ > 広報みなと2018年9月11日号 パラスポーツのなんだろな 東京2020パラリンピック競技大会に向かって(5)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

広報みなと2018年9月11日号
パラスポーツのなんだろな 東京2020パラリンピック競技大会に向かって(5)

ゴールボール

ゴールボールは、鈴の入ったボールを転がし合い、相手ゴールに入れた得点数を競うスポーツです。選手は全員、アイシェードといわれる目隠しを着け、見えない状態でプレーします。鈴の音と選手同士の声掛けを頼りにボールやゴールの位置を把握するため、観客は試合中、声や音を出して応援することができません。
チームは最大6人で、コート上には3人の選手が出場し、1試合12分ハーフ、延長3分ハーフで行われます。
ゴールの大きさは高さ1.3メートル、幅9メートルです。鈴入りのボールは重さ1.25キログラム、周囲76センチメートルでバスケットボールとほぼ同じ大きさです。
特徴的なルールは、主に4つあります。投球する際はゴールから6メートルまでの距離でワンバウンドさせること(ハイボール)。投げ出されたボールがセンターラインを挟んで6メートルの範囲内でワンバウンドすること(ロングボール)。相手が投げたボールにディフェンス側が触れた場合、最初に触れた瞬間から10秒以内にセンターラインを越える攻撃をすること(10セカンド)。そして、審判の許可がない限り、アイシェードに触れないこと(アイシェードタッチ)。これらのルールを破ると、ペナルティーが課せられます。
ゴールボールは、第2次世界大戦で視覚に障害を受けた軍人のリハビリプログラムとして考案され、パラリンピックでは、1972年ハイデルベルク大会で公開競技として実施され、1976年トロント大会から正式種目に採用されました。日本代表は、2004年アテネパラリンピック大会で初出場した女子チームが銅メダルを獲得する等、国際大会で結果を出しています。東京2020パラリンピック競技大会での活躍も期待されています。
選手と観客が一体となって集中力を研ぎ澄まし、高いレベルの技術を駆使したゴールの攻防を楽しめます。この機会に、ゴールボールの魅力を体感しましょう。

投球の様子
より強く、より速くボールを投げる
全身を使ってゴールを守る様子
全身を使ってゴールを守る
音を頼りにボールの位置を把握する選手
音を頼りにボールの位置を把握する選手

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036