• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2018年 > 広報みなと2018年11月 > 広報みなと2018年11月11日号 トップページ > 広報みなと2018年11月11日号 (仮称)港区子ども家庭総合支援センター整備に向けて

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年11月11日

広報みなと2018年11月11日号
(仮称)港区子ども家庭総合支援センター整備に向けて

児童虐待相談対応件数の増加が続き、相談内容も深刻化する中、特に都市部において児童相談所を中心にきめ細かな対応が求められていることから、平成28年5月の児童福祉法改正により、特別区も児童相談所を設置できることになりました。
港区は、児童虐待や非行等の子どもと家庭に関する問題への対応や一時保護等を行う「児童相談所」、子育て中の人を支援する「子ども家庭支援センター」、さまざまな事情から養育が困難となった母子家庭が入所する「母子生活支援施設」が一体となった複合施設「(仮称)港区子ども家庭総合支援センター」を整備します。
(仮称)港区子ども家庭総合支援センターでは、児童虐待、非行、障害等、あらゆる子どもと家庭の問題に対し、切れ目のない一貫した相談・支援体制を整備していきます。
乳幼児親子や児童が利用する施設であることから中低層の施設であることが望ましく、また、少なくとも5,000平方メートル程度の延床面積を必要とします。区は、平成28年8月の国からの情報提供に基づき、当該用地について「児童相談所ほか関連施設」の整備地として国に売払を要望し、国の審査を経て、平成29年11月に当該用地を購入しました。
施設の計画予定地は、親子連れが安心して相談や各種サービスを利用することができ、保護を必要とする子どもや親子が生活するにも良好な環境であると考えています。
建物を、道路境界から後退させることで、車いすやベビーカーの相互通行に支障がない歩道状空地を確保し、安全でゆとりある歩行者空間を整備します。また、災害時のためのマンホールトイレ等、災害時に地域を支援する施設として整備します。
今後とも、地域の皆さんをはじめ、区民の皆さんにご理解いただけるよう、説明に努めてまいります。
今後の説明会については、「広報みなと」または港区ホームページ等でお知らせします。

消化活動
外観図(案)

問い合わせ

  • 子ども家庭課児童相談所設置準備担当
    電話:03-3578-2177

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036