現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2019年 > 広報みなと2019年2月 > 広報みなと2019年2月1日号 トップページ > 広報みなと2019年2月1日号 子育て・子ども関連情報 教育相談をご利用ください お困りのことを相談してみませんか

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

広報みなと2019年2月1日号
子育て・子ども関連情報
教育相談をご利用ください お困りのことを相談してみませんか

お子さんが、学校や園に行きたがらない、大人の指示に従えない、落ち着きがない、忘れ物が多い、友達とのもめごとが多い、些細(ささい)なことで怒り出す、チック・爪かみ・夜尿の症状がある、万引きをする等や子育てに自信が持てない保護者の悩み等、さまざまな相談をお受けしています。

教育相談室ってどんなところ

心理学の専門家(臨床心理士)が困っていることをお聞きして、状況を整理し、問題の改善について一緒に考えます。必要に応じて、アドバイスをしたり、他機関を紹介したりするところです。

Q

相談者の対象年齢は何歳ですか。

A

幼児から18歳までです。

Q

親子で行った方がいいですか。

A

原則は、保護者とお子さんに来ていただきますが、保護者のみの相談もお受けします。

Q

子どもの面接はどのようなことをしますか。

A

小学校中学年くらいまでは、遊戯療法(プレイセラピー)を行います。高学年以上は、保護者の面接と同じように対話が中心となりますが、話すことが苦手な子どもの場合は、言葉以外の表現(絵を描く等)によって、子どもの内面を理解し、受け止めていきます。

Q

相談内容が他に漏れることはありませんか。

A

相談内容が漏れることはありません。秘密は守られます。他機関と連絡を取る場合は、保護者やお子さんに事前にお話をしています。

申し込み 予約制です。電話でお申し込みください。
電話:03-5791-5682
開室時間 午前9時から午後5時(土曜・日曜、祝日、年末年始を除く)
場所 教育センター

問い合わせ

  • 教育センター
    電話:03-5791-5661

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口