• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2019年 > 広報みなと2019年6月 > 広報みなと2019年6月11日号 トップページ > 広報みなと2019年6月11日号 パラスポーツのなんだろな 東京2020パラリンピック競技大会に向かって(14)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

広報みなと2019年6月11日号
パラスポーツのなんだろな
東京2020パラリンピック競技大会に向かって(14)

車いすラグビー(ウィルチェアーラグビー)

車いすラグビー(ウィルチェアーラグビー)は、四肢に障害のある人が車いすを使用して行う競技です。2000年のシドニーパラリンピック大会から公式種目になりました。

世界選手権表彰式
©JWRF/ABEKEN

バスケットボールと同じ広さのコート内にベンチ入りした12人の中から4人の選手が入り、ボールを保持した選手の車いすの前後輪4輪のうち2輪が相手サイドにある幅8メートルのトライラインに達するか通過するかで得点になります。大きな特徴の一つに、車いす同士のぶつかり合い(タックル)が認められている点があります。「初めて見る人はまず、コンタクト(タックル)の音に驚きます」と語るのは、(一社)日本車いすラグビー連盟広報の佐藤裕さん。その激しさは、車いすラグビーの見どころの一つです。


©JWRF/ABEKEN

激しいタックルは見どころの一つ


©JWRF/ABEKEN

車いすラグビーは男女混合競技

選手は障害の程度により、0.5から3.5まで0.5刻みで7段階の持ち点が付けられます。障害が重いほど持ち点は少なく、コート内にいる4人は持ち点の合計が8点以下で構成されなければなりません。選手は攻撃と守備に分かれ、スタートダッシュが苦手な、より障害の重い選手が守備にまわります。「味方選手のポジションを見極め、相手選手の動きを先読みして効果的にコースを妨害する守備の頭脳プレーは、試合の流れを大きく変えます。その読みの的確さも車いすラグビーの醍醐味(だいごみ)」と佐藤さんは言います。激しいタックルと頭脳戦。まさに、体力と知力を尽くす競技なのです。

2016年のリオデジャネイロ大会では銅メダル、2018年の世界選手権では優勝を果たし、現在(平成31年4月現在)、世界ランキング2位の日本。この右肩上がりの実績から、スポーツ庁による東京2020大会に向けた東京重点支援競技に選定されています。金メダルへの期待の高い車いすラグビーを、みんなで応援しましょう。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034