• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2019年 > 広報みなと2019年6月 > 広報みなと2019年6月21日号 トップページ > 広報みなと2019年6月21日号 夏場の食中毒に気を付けましょう

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

広報みなと2019年6月21日号
夏場の食中毒に気を付けましょう

気温や湿度が高くなる梅雨から夏にかけて、食中毒の原因となる細菌が増えやすくなり、毎年食中毒が発生しています。加えて夏の暑さにより体の抵抗力が弱くなると、食中毒にかかりやすくなります。食中毒は家庭内でも発生しています。食品の衛生的な取り扱いを心掛けるようにしてください。

食中毒の原因となる細菌は目に見えず、食品中で増えても色や味、においが変化しないので、五感に頼った判断は危険です。

家庭内での食中毒防止のために、次の3原則を守りましょう。

1.付けない(清潔)

手には見えない汚れや細菌がたくさん付いています。調理を始める前にはもちろん、調理中でもこまめに手洗いをしてください。特に、生肉に触れた後は要注意です。生肉にはカンピロバクター、腸管出血性大腸菌、サルモネラ等の食中毒菌がついていることがあり、生肉を触った手から食品に付着させてしまうことがあります。手洗いは必ず手洗い用石けんを使ってしっかりと洗ってください。また、包丁やまな板等の調理器具も同様に細菌を食品に付着させてしまうことがあります。使った後はきちんと洗浄し、熱湯や塩素系漂白剤を使用して殺菌しましょう。日光による乾燥も効果的です。

2.増やさない(迅速)

食品の温度管理が適切でないと、細菌は時間とともに増加していきます。買ってきた食品は、すぐに冷蔵保管しましょう。冷蔵保管の温度の目安は10度以下(魚介類は4度以下)、冷凍保管は、マイナス18度以下です。冷蔵庫の中に食品を詰めすぎると冷蔵庫内の温度が上昇し、食品が劣化しやすくなります。冷蔵庫内を整理整頓し、なるべく早く使い切るようにしましょう。冷凍した食品を解凍する場合は常温で解凍せず、冷蔵庫や電子レンジを使って解凍しましょう。また、調理した食品はすぐに食べるようにし、常温で長時間放置することは避けてください。

冷蔵庫内は10度以下に 詰めすぎ注意7割程度を目安にしよう 冷凍庫内はマイナス18度以下に

3.やっつける(加熱)

食中毒の原因となる細菌やウイルスの多くは熱に弱く、加熱調理をすることで殺菌できます。食品の加熱時間は中心部を75度で1分以上が目安です。肉料理の加熱の目安は、肉の断面が茶褐色になり肉汁が透明になった状態です。厚い肉やハンバーグ等は火が通りにくいので、ふたをして加熱してください。

生肉の食中毒に注意

肉を生もしくは十分に加熱されていない状態で食べることによる食中毒が多く発生しています。

生肉には腸管出血性大腸菌O157やカンピロバクター等の食中毒菌が付いている場合があり、これらの菌は他の食中毒菌より少量で食中毒症状を起こします。特に、抵抗力の弱い高齢者や子ども等は症状が重症化してしまうことがあるため、生もしくは十分に加熱されていない状態で食べることは大変危険です。

「新鮮=食中毒菌がいない」ということにはなりません。生もしくは十分に加熱されていないメニュー(鶏わさ、鶏刺し等)は避けるようにしましょう。また、焼き肉を食べるときは、生肉は生肉専用の器具を使うようにしましょう。また、生肉と野菜は同じ皿に盛り付けないで、別々の皿に盛り付けましょう。
肉は非常に栄養価が高い食品です。正しく調理して美味しく(おいしく)食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

中心部までしっかり加熱しましょう(75度で1分間以上) 生肉は専用の器具を使いましょう

問い合わせ

  • みなと保健所生活衛生課食品安全推進担当
    電話:03-6400-0047

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034