• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2019年 > 広報みなと2019年6月 > 広報みなと2019年6月21日号 トップページ > 広報みなと2019年6月21日号 シリーズ記事 私たちの力で人権の世紀に

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

広報みなと2019年6月21日号
シリーズ記事
私たちの力で人権の世紀に

身元調査や戸籍証明書等不正取得をなくそう

私たちは、相続や登記等で手続きする際、専門家にその手続きを依頼することが多くあります。そこで、国家資格を持つ弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・弁理士・海事代理士・行政書士の8士業には「職務上請求書」により、委任状なしに戸籍証明書を請求できる等の特例が認められています。

平成23年(2011年)11月、この職務上の権限を悪用し、司法書士事務所や探偵会社が他人の戸籍証明書や住民票の写しを大量に不正取得し、逮捕される事件がありました。そして、不正取得された書類の一部は、悪質な興信所等により身元調査に使用されていました。

企業においても、採用時に本籍地や家族状況等、身元調査につながる恐れのある内容を記入させる場合があります。平成30年(2018年)10月に区が実施した「人権に関する区民意識調査」では、「採用試験での身元調査についての考え」について聞いたところ、「身元調査は必要ない」と回答した人が48.3パーセントいる一方で、「すべきではないと思うが会社の方針ならば仕方ない」、「身元調査はすべきである」、「わからない」等の、身元調査を容認する可能性がある回答をした人が50.7パーセントいました。

出身地や家族状況を調べる等の身元調査は、結婚差別や就職差別につながる恐れの強い重大な問題であり、許されることではありません。

お互いの人権が尊重され、安心して暮らせる心豊かな社会の実現のためには、誰もが人権問題を正しく理解し、差別行為を「しない・させない・許さない」ことが大切です。

区では、職務上請求書により他人の戸籍証明書や住民票の写しを不正に取得した事実が明らかになった場合、事実関係を確認した上で、被請求者に戸籍証明書や住民票の写しの交付の事実を通知します。また、自らの住所等の情報が第三者に取得されていないか知りたい場合は、自己情報開示等請求により確認することができます。

問い合わせ

コラム全般について

  • 総務課人権・男女平等参画係
    電話:03-3578-2025

戸籍証明書等について

  • 芝地区総合支所区民課証明交付担当
    電話:03-3578-3143

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034