• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年1月 > 広報みなと2020年1月1日号 トップページ > 広報みなと2020年1月1日号 明けましておめでとうございます

ここから本文です。

更新日:2020年1月1日

広報みなと2020年1月1日号
明けましておめでとうございます


にじのはし幼稚園とお台場学園の皆さんと区長
お台場学園は、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)期間中に、イギリスオリンピック委員会のスポーツ・サービス・センターとして使用されます。

令和2年(2020年)の新春を迎え、皆様に謹んでごあいさつ申し上げます。

「平成」から「令和」へ。昨年は改元により歴史の節目となった1年でした。その年に日本で初めて開催されたラグビーワールドカップ2019では、日本代表チームがアジアで史上初のベスト8入りを果たす躍進を遂げ、また、リチウムイオン電池の発明に貢献した吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞するなど、素晴らしい活躍に日本中が歓喜しました。

区では昨年、さまざまな行政課題の解決に取り組み、成果を上げることができました。

待機児童対策においては、区立認可保育園等の整備、私立認可保育園の誘致などにより保育定員を拡大し、昨年4月時点において待機児童ゼロを達成しました。

また観光客などの増加に伴い、多彩な夜の観光資源を活用したナイトタイムエコノミーと、まちの安全を両立させる「MINATOフラッグ制度」を導入しました。区の安全・安心の取組に賛同・協力する夜間営業の事業者に青い旗を交付し、区が積極的にPRする全国初の制度で、現在150を超える事業者が加盟しています。

災害対策としては、23区で初めて、区内の12病院と「災害時の緊急医療救護所に関する協定」を締結し、発災直後から病院の協力を得て緊急医療救護所を開設して迅速に医療救護活動を行えるようになりました。

12月には、障害者が自分らしくいきいきと暮らすことができる地域共生社会の実現に向け、基本理念や区の責務等を明文化した「港区手話言語の理解の促進及び障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進に関する条例」を施行しました。

これらの成果は、区民の皆さんの区政に対するご協力があったからこそ積み上げることができたものです。改めて、心から感謝申し上げます。

本年も、区民生活の更なる向上に積極的に取り組んでまいります。

区民の皆さんに利用していただく施設も順次完成し、4月までに、区内で初めて医療的ケア児・障害児の集団保育を行う元麻布保育園、児童発達支援センターや障害者支援ホームなどを併設する南麻布四丁目福祉施設、みなと科学館、伝統文化交流館、赤坂子ども中高生プラザ青山館を開設します。

また、性的指向・性自認にかかわらず、誰もが人生を共にしたい人と家族として暮らすことができる権利を尊重するための制度「(仮称)みなとマリアージュ」の導入に向けて条例を整備します。

3月には新たな港区基本計画及び地区版計画書の策定に向け、区民参画組織の皆さんから提言書をいただきます。区民の皆さんと共に、計画最終年度となる令和8年度の港区の将来を描きながら、自治体運営の根幹となる新たな計画を策定していきます。

本年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。大会前にはオリンピック、パラリンピックそれぞれの聖火が港区内を廻ります。区ではお台場海浜公園でトライアスロン競技や水泳(マラソンスイミング)が実施されることから、大会のレガシーとして「泳げる海、お台場」の実現に向け取り組んでいます。皆さんが一人ひとりの胸にたくさんの感動や忘れがたい時間を刻むことのできるよう、関係機関と協力して大会を盛り上げていきます。

港区の人口は昨年9月に26万人を超え、区政80周年を迎える7年後には30万人に達する見込みです。これからも、区民や事業者等多様な主体との「参画と協働」を区政の柱に据え、人口増に伴い拡大し多様化する行政需要に着実に応え、地域の誰もが安全に安心して心豊かに暮らすことができる地域共生社会の実現に向け全力で取り組んでいきます。

新しい年が皆様にとりまして輝かしい、幸多き一年となりますよう、心からお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034