• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年3月 > 広報みなと2020年3月11日号 トップページ > 広報みなと2020年3月11日号 医療と薬の安心箱 医薬品の個人輸入は健康被害等の危険性があります

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

広報みなと2020年3月11日号
医療と薬の安心箱 医薬品の個人輸入は健康被害等の危険性があります

医薬品を個人輸入して、使用する人がいますが、このような医薬品は、国内で法令を順守して販売されている医薬品に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)があります。

危険性と必要性をよく考えて

  • 国内で正規に流通している医薬品は、法令に基づいて品質・有効性および安全性の確認がされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
  • 不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
  • 虚偽または誇大な効能・効果・安全性等を標ぼうして販売等されている場合があります。
  • 正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。
  • 自己判断で使用して副作用や不具合等が起きると、適切な対処が困難な恐れがあります。

リスクが大きい個人輸入

医薬品の個人輸入については、通常、メリットよりも危険性(リスク)の方が大きい場合が多いと考えられます。

自分一人で判断せずに、家族等と話し合ったり、お住まいの地域の医師・薬剤師等の専門家に相談することをお勧めします。

問い合わせ

  • みなと保健所生活衛生課医務・薬事係
    電話:03-6400-0044

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034