• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年3月 > 広報みなと2020年3月11日号 トップページ > 広報みなと2020年3月11日号 パラスポーツのなんだろな 東京2020パラリンピック競技大会に向かって(22)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

広報みなと2020年3月11日号
パラスポーツのなんだろな
東京2020パラリンピック競技大会に向かって(22)

陸上競技(4)ロード(マラソン)

パラ陸上競技(以下パラ陸上)のロード競技は、マラソンです。東京2020大会ではフルマラソンが正式種目です。9月6日の大会最終日に、視覚障害(T12)男女、腕の切断・機能障害(T46)男子、切断・機能障害で車いす使用(T54)男女の計5種目が予定されています。

オリンピックスタジアムがスタート兼フィニッシュ地点で、区立芝公園前の日比谷通りを折り返すコースです。視覚障害者のマラソンでは、重度の弱視と全盲の選手は伴走者(ガイドランナー)とペアで競技を行います。ガイドランナーが選手を引っ張ったり、先にフィニッシュしたりすると失格になります。息の合ったガイドランナーとの洗練された走りは、日頃のトレーニングの集大成といえるものです。


撮影:日本パラ陸上競技連盟
車いすマラソンの様子

T54の車いすのマラソンも、パラ陸上の見どころのひとつです。三輪の競技用車いす(レーサー)は、下り坂では時速50キロメートルものスピードが出ます。前傾姿勢で車いすを操作する選手は、技術とパワーに加え、転倒の恐怖に打ち勝つ強い精神力が求められます。機動力は車輪に付いているハンドリムを回す腕の力のみ。ギアもありません。「ハンドリムを漕ぐためのグローブは、選手が自分自身に合わせて手作りをします」と一般社団法人 日本パラ陸上競技連盟東京事務局の永尾由美さん。「レーサーの性能も大切ですが、それだけで勝てるものではありません。レーサーと、座るポジショニング、力を的確に車輪に伝えるグローブの完成度。この3つがきちんとマッチングしないとスピードに結びつかないのです」。車いすマラソンは開発力のある国が有利と思われがちですが、たゆまぬ努力でレーサーとポジショニングおよびグローブとのマッチングを追求し、パワーを最大に生かした選手こそがメダルに近づける、というのが醍醐味なのです。

4回にわたり、パラ陸上の各競技について紹介しました。パラ陸上は、日本が過去にいくつものメダルを獲得した実績があります。東京2020大会でもぜひ沿道で応援しましょう。

「日本パラ陸上競技連盟」で検索

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034