現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年6月 > 広報みなと2020年6月21日号 トップページ > 広報みなと2020年6月21日号 資源プラスチックの分別にご協力ください

ここから本文です。

更新日:2020年6月21日

広報みなと2020年6月21日号
資源プラスチックの分別にご協力ください

資源プラスチックとは

ペットボトルのラベルやふた等の「キャップ」、弁当の容器等の「トレイ」、卵等の「パック」、カップ麺等の容器、シャンプー等の「ボトル」です。容器や包装に付いているプラマークを目安に分別し、資源プラスチックとして出してください。プラマークの無い製品プラスチック(プラスチック製のおもちゃ等)も対象です。

プラマーク
プラマーク

プラスチックの汚れの落とし方

食べかす等が付いたままでは、資源プラスチックとして出すことはできません。食べかす等は古布で拭き取る・残り水ですすぐ等して、汚れを落としてください。洗剤で洗う必要はありません。食べ物の色素が残っている程度なら、資源プラスチックとして出すことができます。

資源プラスチックは、種類を問わず、全て同じ袋にまとめて入れて出してください。

汚れの落とせないプラスチックは

油の容器、醤油の小袋等の汚れの落とせないプラスチックは、可燃ごみで出してください。

資源プラスチックの出し方

ふた付きの容器、または中身の見える袋に入れて出してください。

資源プラスチックの出し方のイメージ
資源プラスチックの出し方のイメージ

袋に入れて出す場合のお願い 

袋は二重にしないでください。資源プラスチックが入っている袋は、港資源化センターで破いてリサイクルできないものが混入していないか、人の目で確認しています。小袋にプラスチックを入れて、さらに大きな袋にまとめてしまうと、人の手で再び小袋を破る必要があります。

また、危険物の混入をチェックする際に支障が生じ、作業員のケガにつながることもあります。

資源プラスチックとして出せないもの「禁忌品(きんきひん)」にご注意ください

電池・刃物類・注射針等の医療系廃棄物等は、資源の収集や再生工場で作業する際に危険な「禁忌品」と呼ばれています。

禁忌品を混入させると、回収の作業員等がケガをする恐れがあるため絶対に混入させないでください。

「禁忌品」の例とその出し方

  • 在宅医療に伴い排出される廃棄物(点滴パック・点滴チューブ・注射筒等)は可燃ごみで出してください。
  • 剃刀(刃を含む)・電池・ライター・ガラス片・スプレー缶等は、不燃ごみで出してください。


スプレー缶


ライター

  • リチウムイオンバッテリー等の充電式の電池やボタン電池は、区は回収できません。販売店に設置されている回収ボックスに出してください。

ボタン電池
ボタン電池


※詳しくは、港区ホームページや、資源とごみの分別ガイドブックでご確認ください。

資源プラスチックから再生される主なリサイクル製品

資源プラスチックは再生工場に運ばれ、プランターやごみ袋等のプラスチック製品や、工業用アンモニア等にリサイクルされています。

問い合わせ

資源プラスチックの分別について

  • みなとリサイクル清掃事務所清掃事業係
    電話:03-3450-8025

資源プラスチックのリサイクルについて

  • みなとリサイクル清掃事務所ごみ減量・資源化推進係
    電話:03-3450-8025

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034