現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年6月 > 広報みなと2020年6月21日号 トップページ > 広報みなと2020年6月21日号 子ども家庭応援コラム すべての子どもの笑顔のために 第3回

ここから本文です。

更新日:2020年6月21日

広報みなと2020年6月21日号
子ども家庭応援コラム
すべての子どもの笑顔のために 第3回

第3回目のコラムは、夫婦げんかが与える子どもへの影響についてです。

子どもの前で夫婦げんかをしていませんか。子どもには分からないだろうと思っていても、実際の言葉のやり取りや、家庭内の雰囲気から、両親がけんかをしていることを敏感に察することがあります。

子どもにとって大好きなお父さん・お母さんが目の前でけんかをすることは、子どもの年齢を問わず精神的に大きな影響を与えます。「けんかの原因は自分ではないか」と自分を責め、自己肯定感を持てなくなったり、心安らぐ場所であるはずの家が居心地の悪い場所になったりと、二次的な被害へと進んでしまう事も少なくありません。また、継続的に両親のけんかを見聞きすることで、脳の視覚野の一部が委縮し、記憶力や学習能力が低下することや、脳の海馬やへんとう体にも異常をきたし怒りや不安を感じやすくなることが、脳科学の研究で近年明らかになってきました。

そうは言っても、夫婦げんかを全くしない家庭は少ないと思います。

もし、夫婦げんかになりそうなときは、子どものいない場所に移動するか、夫婦のどちらかがクールダウンのために席を外すようにしましょう。

それでも子どもの前で夫婦げんかになってしまったときは、お父さんとお母さんが仲直りをするところまで見せ、けんかの原因が「あなたではないんだよ」というメッセージを子どもに送り、安心感を与えてあげましょう。

子ども家庭支援センターは、子どもとお父さん、お母さんが笑顔で過ごせるように応援する機関です。お気軽にご相談ください。

子ども家庭支援センター相談専用ダイヤル
電話:03-6400-0092

問い合わせ

  • 子ども家庭課児童相談所設置準備担当
    電話:03-3578-2177
  • 子ども家庭支援センター相談支援係
    電話:03-6400-0091

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034