現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年6月 > 広報みなと2020年6月21日号 トップページ > 広報みなと2020年6月21日号 港区と全国をつなぐコーナー 第35回 岐阜県郡上(ぐじょう)市

ここから本文です。

更新日:2020年6月21日

広報みなと2020年6月21日号
港区と全国をつなぐコーナー
第35回 岐阜県郡上(ぐじょう)市

清流と踊りで有名な自然豊かな町

岐阜県のほぼ中央に位置し、日本三大清流の一つとされる長良川(ながらがわ)の流域に広がる郡上市は、年間を通じてさまざまなアウトドア体験ができる自然豊かな町です。見どころが多く、通称「郡上八幡」と呼ばれる城下町の八幡町(はちまんちょう)には水路が張り巡らされ、名水百選の第1号に選ばれた宗祇(そうぎ)水が湧いています。また、白山(はくさん)の登り口である白鳥町(しらとりちょう)には、日本の滝100選に選ばれた落差約60メートルの滝、阿弥陀ヶ滝(あみだがたき)があります。

阿弥陀ケ滝
阿弥陀ケ滝

郡上市と港区は地名が縁となって交流が始まりました。港区の青山という地名は、江戸時代に郡上藩の藩主を務めた青山氏の下屋敷があったことに由来するといわれています。歴史的なつながりがきっかけとなり、平成20年に「商店街友好都市との交流に関する基本協定」を締結しました。毎年6月に「郡上おどりin青山」(今年は中止)を開催する等交流を深めてきました。

郡上おどり
郡上おどり

郡上市は「おどりのまち」として知られています。郡上おどりと白鳥おどりは共に400年を超える伝統的な盆踊りです。国の重要無形民俗文化財に指定されている郡上おどりは、7月上旬から9月上旬まで約30夜にわたって開かれ、期間中に約30万人が訪れます。

「今年度の郡上おどり・白鳥おどりは、新型コロナウイルス感染症の感染予防を第一に考えて開催を見合わせることが決定しました。全国の踊り愛好家の皆さんに向け、インターネット等で踊りライブ配信等が計画されています。是非ライブ配信等で郡上を感じていただければと思います。」と郡上市市長公室秘書広報課の野田知孝(のだともたか)さん。

「引き続き、港区の皆さんと交流を続け、市の踊りと大自然の素晴らしさを多くの方に発信していきたいと思います」と野田さんは話してくださいました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034