現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年7月 > 広報みなと2020年7月11日号 トップページ > 広報みなと2020年7月11日号 令和2年度 特別区職員採用試験・選考のお知らせ III類・経験者・就職氷河期世代を対象とする採用試験・選考

ここから本文です。

更新日:2020年7月11日

広報みなと2020年7月11日号
令和2年度 特別区職員採用試験・選考のお知らせ III類・経験者・就職氷河期世代を対象とする採用試験・選考

各試験の受験資格等について、詳しくは採用試験案内または特別区人事委員会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

III類採用試験

第1次試験日

9月13日(日曜)

III類採用試験の概要

採用区分

試験区分

採用予定数

主な受験資格

III類

事務

138人程度

日本国籍を有する人で、平成11年4月2日から平成15年4月1日に生まれた人

経験者採用試験・選考

第1次試験日

9月6日(日曜)

経験者採用試験・選考の概要

1級職

試験・選考区分

採用予定数

主な受験資格

事務

113人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。

土木造園(土木)

13人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。

建築

15人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。

機械

7人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。

電気

7人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。

福祉

22人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童福祉

9人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近10年中4年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が2年以上ある人。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童指導

8人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近10年中4年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が2年以上ある人。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童心理

6人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近10年中4年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が2年以上ある人。

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人またはこれに相当する人。

※I類採用試験【一般方式】および【土木・建築新方式】(令和2年7月26日第1次試験実施)に申し込んだ人は、試験区分や受験の有無に関わらず、経験者採用試験・選考の申し込みができません。

2級職(主任)

試験・選考区分

採用予定数

主な受験資格

事務

45人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近14年中8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1カ所については、継続した4年以上の経験を有すること。

土木造園(土木)

6人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近14年中8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1カ所については、継続した4年以上の経験を有すること。

建築

9人程度

日本国籍を有する人で、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近14年中8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1カ所については、継続した4年以上の経験を有すること。

福祉

17人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近14年中8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1カ所については、継続した4年以上の経験を有すること。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童福祉

11人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近14年中8年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が3年以上ある人。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童指導

5人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近14年中8年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が3年以上ある人。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童心理

5人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近14年中8年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が3年以上ある人。

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人またはこれに相当する人。

※I類採用試験【一般方式】および【土木・建築新方式】(令和2年7月26日第1次試験実施)に申し込んだ人は、試験区分や受験の有無に関わらず、経験者採用試験・選考の申し込みができません。

3級職(係長級)

試験・選考区分

採用予定数

主な受験資格

児童福祉

6人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近18年中12年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が5年以上ある人。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童指導

2人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近18年中12年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が5年以上ある人。

社会福祉士もしくは児童指導員の資格を有する人または保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

児童心理

2人程度

国籍を問わず、昭和36年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近18年中12年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が5年以上ある人。

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人またはこれに相当する人。

※I類採用試験【一般方式】および【土木・建築新方式】(令和2年7月26日第1次試験実施)に申し込んだ人は、試験区分や受験の有無に関わらず、経験者採用試験・選考の申し込みができません。

就職氷河期世代を対象とする採用試験

第1次試験日

9月6日(日曜)

就職氷河期世代を対象とする採用試験の概要

採用区分

試験区分

採用予定数

主な受験資格

就職氷河期世代

事務

37人程度

日本国籍を有する人で、昭和45年4月2日から昭和61年4月1日に生まれた人

申込方法等

申し込みの概要

申込方法

申込場所

申込期間

インターネット

特別区人事委員会ホームページ(外部サイトへリンク)

7月16日(木曜)午後5時【受信有効】

郵送

特別区人事委員会事務局任用課
〒102-0072 千代田区飯田橋三丁目5番1号

7月14日(火曜)【消印有効】

選考案内配布場所

東京23区の各区役所人事担当課(港区は各総合支所管理課管理係等でも配布)および特別区人事委員会事務局

問い合わせ

  • 特別区人事委員会事務局任用課採用係
    電話:03-5210-9787
  • 人事課人事係
    電話:03-3578-2108

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034