現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年10月 > 広報みなと2020年10月1日号 トップページ > 広報みなと2020年10月1日号 「(仮称)文化芸術ホール」の重点的な取り組みを定めました

ここから本文です。

更新日:2020年10月1日

広報みなと2020年10月1日号
「(仮称)文化芸術ホール」の重点的な取り組みを定めました

「(仮称)文化芸術ホール」(以下「文化芸術ホール」という。)は、令和9年4月の開館に向けて、浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業において整備を進めています。

平成27年に区は、文化芸術ホール整備の考え方を策定し、3つの基本理念等を定めました。現在、策定から5年が経過し、文化芸術基本法の改正等、文化芸術ホールを取り巻く環境変化等を踏まえ、このたび文化芸術ホールの重点的な取り組みを定めました。

重点的な取り組み

1 地域の課題に寄り添い、多様な価値観を認め合う共生社会の実現に向けた取り組み

福祉や教育等あらゆる地域の課題に文化芸術ホールが寄り添い、高齢者・障害者等を対象としたワークショップや、福祉施設へ出向いた出張事業、年齢・障害の有無・国籍等が異なる人々との作品づくり等を行います。

2 区内の文化資源・活動団体との連携や専門人材の育成に向けた取り組み

区民参加による舞台芸術作品の制作や、企業や大学等の研究機関との連携により、文化芸術ホールで行う事業の質を高めます。

また、将来の文化芸術を担う人材の育成や、文化芸術を活用して地域の課題を解決できる人材の育成を行います。

3 国内外に発信することができ、区民が誇りを持てる質の高い取り組み

国際的に活躍するアーティスト等を起用した港区オリジナルの作品や、最先端の技術と伝統芸能を組み合わせた作品等を制作・上演します。

これまでの経緯等詳しくは、港区ホームページで紹介しています。

(仮称)文化芸術ホールの位置図

(仮称)文化芸術ホールの位置図

(仮称)文化芸術ホールの主な機能

施設計画<主な機能>

施設

機能

大ホール
(600席程度)

音楽、演劇、伝統芸能等、多種多様な演目に対応でき、豊かな響きを生み出す可動式の音響反射板を備えた、高機能・多機能なホールにします。

小ホール
(100席程度)

可動式観客席とし、小規模な文化芸術作品の発表を行うことができる他、大ホールで行う公演のリハーサルや、大人数が参加する作品の練習や稽古の場としての利用を想定した高機能・多機能なホールにします。

創造支援
(練習場)

練習場を同一フロアに集約し、利用者同士の交流の場となるようにします。

問い合わせ

  • 地域振興課文化芸術ホール整備担当
    電話:03-3578-2342

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034