現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年10月 > 広報みなと2020年10月21日号 トップページ > 広報みなと2020年10月21日号 港区国民健康保険加入者への特定保健指導が始まります

ここから本文です。

更新日:2020年10月21日

広報みなと2020年10月21日号
港区国民健康保険加入者への特定保健指導が始まります

港区国民健康保険に加入している40歳から74歳の人で、特定健康診査(メタボリックシンドロームに着目した健診)を受診した人の中から、生活習慣の改善が必要な人に11月から特定保健指導を実施します。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは

メタボリックシンドロームは、内臓の周りに脂肪がたまり過ぎた状態に加え、高血糖・高血圧・脂質異常という生活習慣病のリスクが2つ以上重なった状態をいいます。この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させます。

特定保健指導とは

特定保健指導は、特定健康診査の結果と、健診を受けた時に記入した質問票、腹囲や生活習慣病等のリスク要因の数、年齢等から、「情報提供」「動機付け支援」「積極的支援」の3グループに分けて行います。

管理栄養士等が、一人一人の生活習慣の改善に向けて目標を設定し、行動が継続できるようにサポートします。費用は無料ですので、この機会に積極的にご活用ください。

情報提供

全ての受診者を対象に、健診結果の見方・活用方法、健康づくりのアドバイス等生活習慣の改善に必要な情報を冊子にして提供します。

動機付け支援・積極的支援

このグループに該当した人には、健診受診3カ月後をめどに、ご自宅へ「特定保健指導利用券」と利用案内を送付します。

注意事項

  • 既に「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」で治療を受けている人は特定保健指導の対象となりません。
  • 港区国民健康保険以外の保険に加入している人は、加入している医療保険者で特定健康診査・特定保健指導を実施します。詳しくは、加入している各医療保険者へお問い合わせください。

問い合わせ

特定保健指導の内容について

  • みなと保健所健康推進課健康づくり係
    電話:03-6400-0083

特定保健指導の制度について

  • 国保年金課事業係
    電話:03-3578-2637

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口