現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年11月 > 広報みなと2020年11月11日号 トップページ > 広報みなと2020年11月11日号 特定不妊治療に要する費用の一部を助成しています

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

広報みなと2020年11月11日号
特定不妊治療に要する費用の一部を助成しています

区は、不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、特定不妊治療(体外受精および顕微授精のみ)に要する、医療保険が適用されない費用の一部を助成しています。

男性不妊治療の費用も対象です

男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程の一環として行われる、精子を精巣等から採取するための手術)の費用の一部についても助成しています。

年齢制限を導入します

区は、高年齢での妊娠・出産についてのリスク等を勘案し、令和3年4月1日以降の申請から、都と同条件の年齢制限を導入します。

要件

特定不妊治療開始時点で妻の年齢が43歳未満であること

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う年齢制限の特例措置

特例要件

次の全ての要件を満たしている場合に限り、助成対象者となります。
(1)令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳であること
(2)令和2年度中に特定不妊治療を開始していること
(3)医師の判断により、令和2年度中に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したもの
※医師の証明が必要です。

港区の特定不妊治療費助成制度について詳しくは、港区ホームページで「特定不妊治療」と検索していただくか、お問い合わせください。

問い合わせ

  • みなと保健所健康推進課地域保健係
    電話:03-6400-0084 
    ファックス:03-3455-4460

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口