現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年11月 > 広報みなと2020年11月11日号 トップページ > 広報みなと2020年11月11日号 障害者関連情報 障害基礎年金をご存じですか

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

広報みなと2020年11月11日号
障害者関連情報
障害基礎年金をご存じですか

障害基礎年金とは、思わぬ事故によるけが・病気・心の病等で重い障害が残ったときに、その生活を支えるために支給される年金です。

支給を受けるためには、本人による請求手続きが必要です。

対象(次の全ての要件に該当する場合に請求できます)

(1)初診日(障害の原因となった病気やけがで初めて医師の診察を受けた日)が、20歳到達日(誕生日の前日)前であるか、国民年金に加入中である場合または、過去に国民年金に加入していたことがある60歳以上65歳未満の人で、国内在住中に初診日がある場合
(2)現在および障害認定日(初診日から1年6カ月経過した日または症状が固定した日)に、国民年金障害等級表の1級または2級の状態にある場合。または、障害認定日に障害の程度が障害等級表の2級以上に該当しなかったが、その後65歳到達日(誕生日の前日)前までに2級以上に該当するようになった場合
(3)保険料納付要件を満たしている場合(初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち、保険料納付済み期間と保険料免除期間を合算して3分の2以上あること。または、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の滞納がないこと)

初診日が20歳到達日前の場合、次の点にご注意ください

国民年金に加入する20歳到達日(誕生日の前日)前に初診日がある人は、20歳になったときに障害の程度が国民年金障害等級の1級または2級に該当すれば、障害基礎年金を請求することができます。

この場合は、保険料の納付要件は問われませんが、本人の所得等により支給の制限があります。

年金額(年額)

1級 97万7,125円
2級 78万1,700円

子の加算額について

障害基礎年金を受けられるようになったときや、その後、その人によって生計を維持されている18歳到達年度末日までの子(障害等級1から2級の障害がある場合は20歳未満)がいるときには、次の額が加算されます。
1人目・2人目 各22万4,900円
3人目以降 各7万5,000円

職員または社会保険労務士が相談時に主に次のことを確認します

(1)基礎年金番号
(2)現在の障害の原因となったけがや病気の名称、初めて医師の診察を受けた初診日、その時の医療機関の名称
(3)障害認定日(20歳到達日前に初診がある人は20歳到達日)の障害の状態と、その時の医療機関の名称
(4)現在の障害の状態と、受診中の医療機関の名称
※障害の程度は「障害認定基準」で定められています。これを基に事前に担当の医師の意見を聞いておくと、より具体的な相談ができます。「障害認定基準」は、日本年金機構ホームページ(外部サイトへリンク)からダウンロードできます。

相談・請求先(初診日に加入していた年金制度により異なります)

国民年金第1号被保険者または20歳到達日前に初診日がある人

国保年金課国民年金係

厚生年金加入中または国民年金第3号被保険者

港年金事務所

共済組合加入中

所属の共済組合

問い合わせ

  • 国保年金課国民年金係
    電話:03-3578-2662から2666
    ファックス:03-3578-2669
  • 港年金事務所(代表)
    電話:03-5401-3211

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口