ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

広報みなと2020年11月11日号
シリーズ記事
安全安心コラム

防火・防災意識を高めましょう

11月9日から11月15日の間、全国火災予防運動が実施されています。今年度の全国統一防火標語「その火事を防ぐあなたに金メダル」を心に留め、火災を予防しましょう。この機会に、次の習慣・対策を再確認しましょう。
(1)調理中にこんろから離れるときは、必ず火を消す。こんろの上や周囲に可燃物を置かない。
(2)寝たばこはしない。吸い殻を灰皿にためず、水で完全に消す。
(3)ストーブの周りに物を置かない。就寝時や外出時は消す。
(4)屋外に可燃物を放置しない。
(5)ライターやマッチを子どもの手の届く場所に置かない。
(6)コンセントを掃除する。プラグはしっかり差し込み、コードの折れ曲がりや、家具等の下敷きに注意する。使わないプラグは抜く。
(7)住宅用火災警報器を設置し、定期的に作動確認をする。耐用年数を過ぎていたり、故障した電池は速やかに交換する。
(8)万が一火災が発生した際は布製の物に防炎品(炎が接しても燃えないよう加工処理をされたもの)を使用する。高さ31メートルを超える共同住宅の居住者は防炎品の使用が義務付けられている。
(9)もしもの火災に備え、住宅用消火器を設置し、使い方を覚える。
(10)近所の協力体制をつくる。

問い合わせ

  • 防災課生活安全推進担当
    電話:03-3578-2270

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口